2017年02月28日

四国行き

現代詩人会の高知大会(25日)を覗きがてら、『詩国八十八ヵ所巡り』の宣伝に四国各地の書店を回った。
大会のプログラムのメインは、林嗣夫氏の講演と武藤整司氏のビデオ講演。林氏の話は、言葉の働きが大小さまざまのフィクションを作り出し、それに囲まれ囚われて我々は生きているが、そこから出て、存在そのものが現れる光景ににまみえることの大切さを説き、思いがけないもの、他者性へ向けて開くことの重要さが語られた。武藤氏はあらかじめビデオに収録したものを会場で流すという風変わりさが妙に面白く、詩的生活と散文的生活とを語の羅列で端的に表現する巧みさ、さらに詩の発動を心の昂揚、実存の不思議、そして解放感という各ポイントで示していくリズムのよさを楽しむことができた。
今回の旅は、振り返ると順調そのものであり、利用した交通機関はすべて時刻表を一分と違うことなく正確無比に動き、訪れた四都市のどの書店でも担当の方あるいはそれに準ずる方に会うことができて、とても幸運だった。一昨年の北海道旅行では帰りの飛行機が雪で運行中止になったし、昨年の沖縄旅行では体調を崩して大変な思いをしたので、今回もハラハラしていたが、ありがたいことに杞憂だった。四国は再度訪れたくなる土地で、各地それぞれが長閑な心持ちで培う魅力の一端に触れることができた。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 11:38| Comment(0) | 日記

2017年02月19日

書評の速報

今日の「しんぶん赤旗」に『詩国八十八ヵ所巡り』の書評が掲載されました。ご覧いただければ幸いです。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 14:16| Comment(0) | 日記

2017年02月17日

さらに、小説の話

作曲家の新実徳英さんに教えられて読み始めたのは、4年前に亡くなった連城三紀彦。新実さんとは同級生かそれに近い関係だとか。匠の技の隙のない緻密な組み立てという点では二人は似ているが、とくに戦前や大正時代を舞台とした『戻り川心中』(光文社文庫)の諸作に顕著な頽廃の毒は、どちらかというと健康的な新実さんにはない要素だろう。現代物も心の病みの相が鋭く析出されて怖気をおぼえる。この世界は大好きではないかもと思いながら読み継いでしまうのはなんなのだろうか。
ロバート・A・ハインラインはラジオで紹介されていたのを聞いて読み始めた。長編小説は優れたストーリーテラーの練達の手並みを示すが、短編は素っ頓狂な発想の形而上学性に驚かされる。意想外の刺戟がかならずある作家。
というわけでここのところは『小さな異邦人』(連城、文春文庫)、『輪廻の蛇』(ハインライン、ハヤカワ文庫)の収録作を読んだりしている。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:58| Comment(0) | 日記

2017年02月14日

二つの小説

誰かから勧められて小説を読むということが時々あって、正月にはいつかお会いした時に呉智英さんが言及していたカルペンティエルの『失われた足跡』を読んでいた。岩波文庫版を買っておいたまま一年くらい過ぎていたが(日の当たるところに置いていたので表紙も変色してしまった)、正月という大区切りのときしかないと一念発起で読み始めた。また一月末から二月初めにかけては野田新五さんに勧められ今評判の恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)を読んだ。
どちらも音楽が柱となっている作品で、音楽の根っこを考える試みが見られ、文明国の娯楽市場システムを逸脱した音楽創造の可能性が描かれていて、専門家的視点からの音楽の記述描写は珍しい種類の刺戟をもたらす。
カルペンティエルはラテンアメリカのマジック・リアリズムの祖とも見なされているそうで(文庫解説による)、他方ではフランスのシュルレアリスムにも関わっていたようで、シュルレアリスムとマジック・リアリズムが音楽を伴いつつつながるというのは面白い。マジック・リアリズムとは言い換えればシュルレアリスティック・リアリズムということでもあるか。
『失われた足跡』にはそんなに濃いマジックの要素はないし、『蜜蜂と遠雷』もマジックの要素は希薄だが、音楽経験をたどる言葉の記述は幻覚を見ているかのような夢見心地の感覚を醸す。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:45| Comment(0) | 日記

2017年02月12日

書評ごらんください

弊社刊『詩国八十八ヵ所巡り』の書評が今日の毎日新聞に出ました。ぜひご覧下さい。
(池田康)

追記
2月10日付の高知新聞にも書評が掲載されました。
2月19日付のしんぶん赤旗にも書評が掲載されました。
ありがとうございます。
posted by 洪水HQ at 07:55| Comment(0) | 日記