2017年05月31日

ガリバルディ

何年も前からイタリアの英雄ジュゼッペ・ガリバルディの伝記を読みたいと思っていた。名前はよく聞くのだがその行動や果たした役割の正確なところがよくのみこめなかったので。夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる「赤シャツ」というあだ名がガリバルディの赤シャツ隊に由来するのではないかという疑問もあり。
しかしながらなかなか適当な本が見当たらなかったのだが、最近幸運にも藤澤房俊著『ガリバルディ』(中公新書、昨年12月刊)を見つけたので、さっそく読んでみた。
19世紀半ばまでイタリアという国はなかった。いくつもの小国に分かれていて、ある国はオーストリアの支配下にあったり、ある国はフランスの息がかかっていたり、ある国はスペインと関係が深かったり、かなりこんがらがっていた。そこからイタリアという国に統一するまでの二十余年の(とりわけオーストリア帝国に対する)独立戦争の過程で大きな役割を果たした何人かのうちの一人がガリバルディで、おもに戦闘の実践面で活躍するのだが、統一の中心となるサルディーニャ王国の首相カヴールや民主革命を志向する政治思想家マッツィーニとの手を組んだり離反したりのややこしい関係が興味深く、またヨーロッパ全体のパワーバランスとのつながりが見えてくると一層面白くなる。
勇名並ぶものなき戦士であり、何度も牢獄にぶちこまれた、愛国者でありコスモポリタンでもあった英雄・ガリバルディの名は神話に類する光輝を帯びて当時のヨーロッパにとどろき、世界に知れ渡った。とりわけイギリスでガリバルディの人気は高く、来訪したイタリアの英雄に対して出迎えの騒ぎは大変なものだったという。明治期の日本でもその伝説的物語は多くの人の耳目をひいたということで、英国留学もした漱石にも届いていたはずだ。
ヴェニスもローマもイタリア統一の過程の最後の最後までイタリアの外にあったという事実には驚かされる。19世紀のイタリア史を辿ることはこの時代のヨーロッパの全体地図を理解するのに非常に役立つだけでなく、国というものがいかに成立しまたいかに崩壊するかを考える上でも貴重な具体的事例となるのだ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:57| Comment(0) | 日記