2018年02月17日

訃報飛来ス

訃報は予期もしないところに新聞・テレビ・ラジオを通じて伝えられる。石牟礼道子逝去の報は、かつて氏の文章に多少とも接したことがあったのでそれなりの深い感慨を覚えたが、私にとってより生々しく切実に刺さってきたのは、元東京新聞記者の吉岡逸夫さんの訃報だ。以前、アジア関係の雑誌にかかわっていたときに吉岡さんには少し(相当?)お世話になった。覚えているのは、どういう用件でだったかは忘れたが、新宿ゴールデン街の韓国料理の店で会って話をしている光景だ。初対面に近い人間をそんな場所に誘う人はあまりいないだろう、吉岡さんらしい。映画製作のことも記憶に残っている。ハンディビデオカメラをもって中東へ行って撮影し、それをドキュメンタリー映画にまとめたものが、東中野だったか渋谷だったかの映画館で上映されたのだった。そんな簡単に本格的上映が可能な映画ができてしまうものかと唖然とすると同時に、吉岡さんの恐れを知らぬ行動力に舌を巻いたものだった。66歳は早すぎる――そう呟いてみるのだが、それだけの身にこたえる冒険を重ねてきた孤軍の記者だったのかもしれない。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 17:01| Comment(0) | 日記

2018年02月08日

出たくない症候群

布団から出たくない、風呂から出たくない、家から出たくない、の「出たくない」症候群が優勢になる真冬の日々。
1月は正月の延長でのんきな気分で過ごしていたが、2月になって急にせわしくなってきた。歯の治療、パスポートの切り替え、運転免許証の更新、税務署に出す書類の作成など、それほど楽しいわけでもない用事が次々と重なってきて、気が急いてくる。こんなに寒いのに、やっかいなことをいくつもやらなければならないのは、誰が仕組んだ罰ゲームだと文句を言いたくなるが、北国の雪かきの力仕事は大変だし、大雪で立ち往生する車のドライバーは地獄だろうし、受験生たちは氷雪の気候に遭えば危機一髪だし、それに比べたら苦しいのうちに入らないのだろう。
歯医者というのは本当に怖いもののようで、今日行かなければならないなあと憂鬱に考えて変な具合に首を伸ばしたら筋を違えたような痛みができてしまったほどで、恐怖の観念だけで体調がおかしくなるという笑止な経験をした。
しかし歯医者だろうとつまらない用事だろうと、外に出て寒風に吹かれると気分がすっきりするのも事実だ。“自分”から出たくないという究極の出たくない症候群から逃れて二人称や三人称の人々の言葉の風に吹かれてみるのも心の強健さを養うのに必要のような気がする。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:56| Comment(0) | 日記