2018年04月14日

河童

今週はけっこう人と会った。英国在住の南川優子さんが一時帰国しているというので、数人の方と一緒に会って四方山話をしたり(あちらに住む不便さや当惑を楽しそうに話しておられた)、自然科学の研究者の方お二人に会ってそれぞれの研究のことをあれこれお聞きしたり(そのうちのお一方の話は「みらいらん」次号のインタビューの頁で掲載する予定です)、いろんな方向に思わぬ別世界が見えたような気がした。とくに生物学的視点の理論などを聞いていると、当り前のように見えている人間の存在が、生命の広大な可能性の中の偶々のアクシデントのようにも思えてくる。
先日「シェイプ・オブ・ウォーター」という映画を見たが、これは河童映画だった。アメリカの映画人に河童の映画を作られてしまったという残念な思いもあったが、イマジネーションの中の生きものだった河童の具体的な怪しく妖しい姿を見ることができて嬉しい気もした。人類の時代の次は、河童の時代が来るのだろうか……
(池田康)
posted by 洪水HQ at 17:03| Comment(0) | 日記