2018年06月23日

ラジオでブルネロを聴く

何日か前、N響のコンサートをNHKFMで中継していて、チェロのマリオ・ブルネロが出演すると知り、聴いた。この人の演奏は聴く価値があると思うのだ。番組内の説明によるとN響との共演は15年振りぐらいとのこと。あらかじめこのコンサートのことを知っていたらホールまで聴きにいこうかという気に少しはなったかもしれない。実際は余裕がなく行けなかったと思うが、一応「迷う」くらいはしただろう。曲はカバレフスキーのチェロ協奏曲第2番。この作曲家、ロシアの人とか、聞いたことがあるようなないような。音の活発な動きによる華やかさも有する曲。ブルネロの演奏はドライブと説得力、音楽の楽しさがある。手元に彼がバッハの無伴奏チェロ組曲を全曲演奏したCDがあるのだが、その弾きぶりも奔放で気儘で、俺はしゃべりたいようにしゃべるんだといった感じで、謹厳実直な音大の先生なら顔をしかめるかもしれないが、教科書的でないバッハが好ましく、音楽はこうでなくちゃと思う。今回のカバレフスキーの協奏曲もブルネロの演奏があるだけで楽に成立しているように思った。このラジオ中継があることは当日新聞のラジオ欄で知ったので、聴けて幸いだった。ラジオ(テレビ)は聴けたり聴けなかったりする。作曲家の新実徳英さんからNHKFMのコーラス音楽の番組で近く自分の作品の特集があるとの案内をもらっていて、それが実は今日の早朝だった。コーラスの番組は日曜日だと思い込んでいたので、たまたま7時前に目が覚めてラジオをつけるとこの番組の最後の部分をやっていて、びっくりし、あららと心の中でつぶやいた。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 20:27| Comment(0) | 日記