2018年06月25日

うつつの冥府 番外編

「みらいらん」2号と新刊単行本を印刷所に入れ、気持ちに余裕ができ、なにか読むものはと本棚を眺めていたら、「わたしを読んで」と背で訴えてきたのがカズオ・イシグロ著『わたしを離さないで』(ハヤカワ文庫、土屋政雄訳)だ。いつか読むべきだよなと思いつつも、どういう話か聞かされると背筋が寒くなるようで無性に怖くて敬遠していた本。読み始めたら語り口の親密さに導かれてすぐに入り込んでどんどん読んでいけるのだが、読み終わるとみごとに救いがなく荒涼としていてやはり怖い本だった。
どんどん読んでいける、その青春小説的なみずみずしい展開を繊細緻密な筆で描くところにこの小説家の力量のABCがある(これだけ緻密な書きぶりなのに渋滞することなくスムーズにページをめくれるのは翻訳の良さだろうか)。ちょっといやらしい性格のルースという女性をこれだけ丁寧に(愛情をもって?)描き出せるというのも驚きだし、若者にありがちな自然にこぼれ出る滑稽さがいろんな場面で発現しているところもこの作家ならではの配色だろう。「臓器提供のために生かされている人間たち」という尋常でない恐ろしい設定からはどぎつい黒の支配と主張が予想されるのだが、実は美しい淡い灰色のグラデーションが基調であり、その中にはブルーや薔薇色や真紅の模様も出てくる、実に繊細な(繊細であるが故にときにコミカルでもある)喜怒哀楽、そしてほんのちょっとしたシーンが主人公と親友二人の運命を変えていくバタフライ・エフェクト的ダイナミズムが、この小説の一番の読みどころとなっている。彼らはその使命からして生きながら冥府にいるようなものなのだが、その絶望の中でもこんなにいきいきと多彩な生が展開されうることを示す、作家イシグロの魔法の杖。冥府の内部のきわめて精密でつややかな造型。最終的には悲劇の構図がものを言って寒々とした余韻で終わるのだが、彼らも、我々の生も、そんなに違わないのではないかと思わされる、SFの設定なのにSFになっていない、妙なリアルさ、そこもまた驚きだし怖いところなのだ。実に生気にみち、そして恐ろしい物語。カズオ・イシグロの基本は、『日の名残り』や『夜想曲集』でも感じたのだが、弱い人々、敗北した側、虐げられる組の繊細な抒情ということであるように思うのだが、この作ではその特徴が最大限に出ている。
映画化もされているようだが、見ていない。日本でもテレビドラマ化されたことがあったが、それほど評判にならなかったのは、(私も含めて)多くの人は怖くてチャンネルを合わせられなかったのだろう。サスペンスはさかんに作られるが、視聴者を真に恐怖させるドラマはテレビには不向きなのかもしれない(テレビドラマで本当に怖い思いをした記憶があるのは横溝正史シリーズくらいか……)。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 19:36| Comment(0) | 日記