2018年12月07日

新城貞夫著『満身創痍の紅薔薇』

mansinsoinobenibara.jpg歌人の新城貞夫さんが新しい本を作った。短歌ではない、詩集のような、著者自身が詞章と呼ぶ四行詩が並んでいる。帯にはこうある。
「薔薇は傷を負いつつも誇り高く歌う。
死の影に脅かされ、心臓疾患をくぐり、老いをひしひしと感じながら、沖縄や日本や世界の運命を憂い、去来する想念が四行の「詞章」の形で日誌のように綴られてゆく。日課のエスプレッソを賞味し、ふと浮かんだドイツ語を口にし、かつて訪れたヴェネチアをはるかに偲び、世間と自分を辛辣に観察し……詩人のくつろいだ独白の連綿たる流れのあちこちに形而上学に通じる詩の欠片、真摯で犀利なアフォリズムが強く光る。」
呑気さと鋭さ、悟りと毒舌が同居し、高貴な思考から片々たる繰り言へと難なく推移する融通無碍な随想の散歩道だ。
社会的視点のものは、大国の首脳を批判する章を始めたくさんあるが、一つ挙げるなら、沖縄を推理小説にたとえる次の詞章は非常に鋭利。

 客観的な記録として
 歴史書に納まっているオキナワ。
 かわいそうに
 沖縄は誰にも書かれなかった推理小説である。

自身の境遇の澄明な抒情としては次のようなものがある(並んでいるわけではない)。

 目を覚ます、
 心臓からの
 濁流が走る。
 世界は沈黙している。

  * * *

 空、青い空よ
 僕を引っさらうがいい。
 魂だけを
 地上に残して

  * * *

 この世とあの世は
 隣り合わせである。
 ときには垣根越しに
 朝の挨拶をする。

読者をどこに連れていこうとするのか。歌人である著者が五七五七七の枠を出て自由奔放に綴った四行寸鉄。A5変形判168頁、1800円+税。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:07| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

詩のイベント二つ

IMG_6800.JPGIMG_6801.JPGIMG_6803.JPGIMG_6810.JPG昨日は詩のイベントを二つハシゴした。まずは北爪満喜さんから案内をもらって北千住のBUoYで「詩×船 ヒライス島の1000の詩集」を覗く。たくさんの詩集が展示され売られていた。本の並べ方に工夫あり、というかんじで、全体が船をイメージしたインスタレーションになっているのだろうか。入場券もとても立派だった。(一番上の写真)
次に生野毅さんから案内をもらった、板橋のアートスタジオDungeonでの「直角はありません」第一夜。低い天井の地下室が会場で、閉所恐怖症の人はやばそうな狭い空間だ。風邪で喉をやられていたので埃とか心配でピンチだった。17時からのイベントは前半が田野倉康一さんの朗読(自然体の詩の自然体の朗読。本格的な田野倉康一詩も聴きたかった…)、言水へリオ氏の特異な“リーディング”(小さな紙に活字を次々手にして文字を印字していく過程を映写機で実況中継的に背後の壁に映し出すというパフォーマンス)。後半は、生野さんの朗読と秦真紀子さんのダンスによるパフォーマンス、非常な迫力があり、ゆうに一つの舞台作品となっていた。生野さんは俳優経験があるのだろうか、素人の朗読という域を越えて本格的な演技になっており、説明によれば即興的構成ということだったが、たしかな演出が感じられ、秀でた時間的緊張が生まれていた。夢遊病的モードをおのがものにしている、そんな圧巻の演じ振りだった。最後に、入沢康夫さん逝去の話題となり、生野さんは長年ミュージシャンである入沢さんの息子さんと組んで朗読をしてきたのだという縁が語られ、哀悼の儀式として代表的入沢作品から一部が朗読された。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 17:37| Comment(0) | 日記

2018年12月01日

玉城入野著『フィクションの表土をさらって』

fiction-hyodo-imageS.jpg玉城入野さんのエッセイ集『フィクションの表土をさらって』が完成した。「洪水」で連載されていた映画評論(北野武、深作欣二、ジャック・リヴェット、侯孝賢、鈴木則文など)のエッセイおよび島尾敏雄と福島・小高との関係を論じたエッセイを中心に、父親で歌人の故・玉城徹の思い出を綴った文章も収録してまとめたもの。
書名はどういう意味なのだろうか。あとがきには「本書には、表土、平面、多摩平といった「平」に関連する言葉が見える。思えば、映画のスクリーンや本のページというのも、平面である。このことは、私の思考が、平地で育まれてきたことを意味するだろうか。」とある。表題作のエッセイ「フィクションの表土をさらって」には「私は、今までこうした映画の見方をしてこなかった。フィクションの表土をさらって、地中深く流れる源流を探り当てるというこの方法は、ともすると映画そのものから視線を外すことにもなるので、あまり好ましくない。しかし、私がこんな見方をしてしまったのも、二〇一一年三月十一日以後を生きているゆえかもしれない。」、「逆説的だが、まずフィクションの表層を信じるという段階を踏んでこそ、虚構を見抜くことができ、その奥に隠された真実を知ろうという思考が生まれる。」という言葉も見られる。ここからも、大震災以後の気組みとして、それまでの自分の美学や考え方から一歩踏み込んで薄暗い苦悶と欲望の〈現実〉の領域で思考を進めようとしている冒険の身震いが感じられる。
そして一冊をテーマとして束ねているのは〈故郷論〉のようだ。映画『トラック野郎』シリーズで描かれる〈故郷〉、島尾敏雄の〈故郷〉、そして自身の故郷観を重ねて、現代人において〈故郷〉がどういう事情のものになっているかが考察される。文明論でもあり人生哲学でもありうるこの考えの筋道が、著者の今後の仕事の中でどんな結実を得ていくのか、とても興味深い。洪水企画刊、本体1800円+税。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:52| Comment(0) | 日記