2018年12月07日

新城貞夫著『満身創痍の紅薔薇』

mansinsoinobenibara.jpg歌人の新城貞夫さんが新しい本を作った。短歌ではない、詩集のような、著者自身が詞章と呼ぶ四行詩が並んでいる。帯にはこうある。
「薔薇は傷を負いつつも誇り高く歌う。
死の影に脅かされ、心臓疾患をくぐり、老いをひしひしと感じながら、沖縄や日本や世界の運命を憂い、去来する想念が四行の「詞章」の形で日誌のように綴られてゆく。日課のエスプレッソを賞味し、ふと浮かんだドイツ語を口にし、かつて訪れたヴェネチアをはるかに偲び、世間と自分を辛辣に観察し……詩人のくつろいだ独白の連綿たる流れのあちこちに形而上学に通じる詩の欠片、真摯で犀利なアフォリズムが強く光る。」
呑気さと鋭さ、悟りと毒舌が同居し、高貴な思考から片々たる繰り言へと難なく推移する融通無碍な随想の散歩道だ。
社会的視点のものは、大国の首脳を批判する章を始めたくさんあるが、一つ挙げるなら、沖縄を推理小説にたとえる次の詞章は非常に鋭利。

 客観的な記録として
 歴史書に納まっているオキナワ。
 かわいそうに
 沖縄は誰にも書かれなかった推理小説である。

自身の境遇の澄明な抒情としては次のようなものがある(並んでいるわけではない)。

 目を覚ます、
 心臓からの
 濁流が走る。
 世界は沈黙している。

  * * *

 空、青い空よ
 僕を引っさらうがいい。
 魂だけを
 地上に残して

  * * *

 この世とあの世は
 隣り合わせである。
 ときには垣根越しに
 朝の挨拶をする。

読者をどこに連れていこうとするのか。歌人である著者が五七五七七の枠を出て自由奔放に綴った四行寸鉄。A5変形判168頁、1800円+税。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:07| Comment(0) | 日記