2018年12月12日

ある小さな遭難のこと

外を歩いていると吐く息が白くくもる季節になった。
編集が長びいていた「みらいらん」3号もようやくまとまって、無事印刷所に入れることができた。ひと安心。
今回、風邪や頭痛などで体調を崩すという小さな波乱はもちろんあったが、最大のピンチは、伊福部玲さんのインタビュー予定日の早朝、急に猛烈に腹が痛くなり、病院に駆け込み、残念にもインタビューをキャンセルする羽目になったこと。救急外来の医師は、眼鏡の奥の目を異様に光らせて私に質問を矢継ぎ早に浴びせかけ、十五分もしないうちにみごと病名を突き止めてしまった、その野戦病院的な辣腕にいたく感服した次第。その病気は毎日大量の水を飲んで治すという河馬みたいにのんびりほのぼのとした治療を求めるもので、歓迎はしないが、翌日からいつも通り仕事も食事もでき、おおごとにならずに済んだと胸をなでおろしたのだった。
それでもその延期のために〈対話の宴〉の対談イベントとインタビュー本番とが二日連続になってしまい、しかもその時点で印刷所入稿予定まで一ヶ月を切っていて、テキストを起こして記事を作る後段の作業も含めて非常にしんどかったのだが……
今回は168ページ、小特集は「異国の詩歌と睦ぶ」、表紙にはまたしても驚きの生物が登場している。お楽しみにして下さい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 14:33| Comment(0) | 日記