2018年12月16日

尺八と怪奇と

昨日はトッパンホールで催された邦楽Ensemble21の演奏会「邦楽の新たな地平」を聴きにいった。新実徳英さんの作品ばかりを集めた個展コンサート。トッパンホールは座席数400程度でそれほど大きなホールではないはずなのだが、ゆったりとした横幅があるためか、巨大な雰囲気がかもされていた。客は九割がた入っていただろうか。
5曲演奏されたが、もっともほれぼれと聴いたのは4曲目の三本の尺八(素川欣也、柴香山、田辺しおり)による「風韻II」だ。複数の尺八の演奏はこれまで数回聴いたことがあるが、同じ音、同じ調べを奏するモノトーンなものが多かった気がする。今回は三本が違った調べを寄せ合わせて、予測不可能な妖しくも華やかな多様さを生み出しており、精妙な豊かさに驚いた。最後の曲「二十五絃筝協奏曲 - 魂のかたち」でも尺八群は佳い風景を創り出していた。この協奏曲での聴きどころはもちろんソロイスト(二十五絃筝=滝田美智子)の緊張感と力強さを伴った演奏だった。1曲目の「筝合奏のためのオデュッセイア」も、製作中の「みらいらん」次号の自分の文章で『白石かずこ詩集成3』を論じるときにオデュッセウスも出てきたので興味深く聴けた。後半盛り上がるのだが、前半の単純なモチーフの反復により淡々と音が広がるところも海の無際限の運動が感じられて惹かれた。2曲目の4台の筝による「青の島」は沖縄をしのんだ曲ということで、これも最近沖縄在住の新城貞夫さんの本を作ったことが思い出されて、機縁を感じた。
帰途、新宿のシネマカリテで映画「メアリーの総て」(ハイファ・アル=マンスール監督)を観る。やはり「みらいらん」次号で少しメアリー・シェリー著『フランケンシュタイン』のことを書いたので、これは是非観ておかなければと。サウジアラビアの女性監督だそうで、この名作怪奇小説の誕生の経緯を語る、正攻法の揺るぎない叙事。イギリス対話劇特有のレトリックの遊戯もいくつかのシーンで楽しめる。パーシー・シェリーとメアリー・ゴドウィンの恋路はデコボコ泥沼の惨憺たる悪路で、フランケンシュタインよりも怪奇かもしれない。女性として自由というバケモノと戦う人生行路は、現代に比すならオノ・ヨーコ級か。メアリーの父親の包容力は見事。バイロンも主要人物として登場するが、あんなふうな人なのか、違うシルエットのバイロンもありそうな気がする(「バイロン卿はちょうどそのころ『チャイルド・ハロルドの巡礼』を執筆中で…中略…書きあがった原稿を次から次へとわたしたちのところに届けてきたのだが、そのどれもが詩ならではの光輝と調和に満ち、天と地の美しさを神聖なものとして謳いあげているようで、わたしたち夫婦も影響を受けることとなった」とメアリー自身がまえがきに書いている(新潮文庫版、芹澤恵訳))。ナポレオンやゲーテやベートーヴェンも生きていた時代だから、そういう時代の波立ちをちらりと風聞の端にでもいいから書き込んでほしかった。しかし濃厚な物語を行く生きたメアリー・シェリーおよび二人の19世紀英国の代表的詩人に出会えるのは貴重でありがたいことだ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 15:05| Comment(0) | 日記