2018年12月19日

サイケデリックは魔道か本道か

AYUO著『サイケデリック・ボーイの音楽遍歴』(月曜社)を読む。たった一言で感想を言うなら、
 vivid!
だ。イキがいい。日本で生まれながら60年代後半から70年代半ばまでニューヨークで生活し成長した少年が、いかに風雲に満ちた世界都市で最先端の多くのものとぶつかり、同時代の前衛色の濃い音楽を吸収し、多国籍の子供が集う学校で考え方を鍛えていったかが、いきいきと詳細に語られる。両親が活動的な音楽家で交友も広く、この子供時代にジョン・ケージやホレス・シルヴァーに会っているというのだから、特別すぎる境遇だ。羨ましいを通り越して唖然とする。子供の頃の日本の我々が歌謡曲を当たり前のものとして聞いたように、AYUO氏は小学生の頃から水をごくごく飲むように自然にグレートフル・デッドやジョニ・ミッチェルやベルベット・アンダーグラウンドを聞いたのであり、それらの音楽を語る言葉は浅薄な観念性や嘘っぽい理屈がなく説得力に満ちている。
15歳で日本に移住して、70年代末にミュージシャンとして活動することになった時、作曲家でピアニストの高橋悠治の息子だということで、同じようなクラシックの素養のある、ピアノも弾ける音楽家だと周囲が誤解して、なかなか相互理解ができずとても面倒なことになったという話は考えさせられる。そうした苦労はありながら他方では望外の幸運もあり一歩一歩自分の音楽を探し求めて進んでいく過程は音楽家の工房の内部を覗かせてもらうようでとても興味深い部分だ。
文化史・社会史的なことで言えば、60年代のアメリカの若者たち、ヒッピー文化を担った人たちが、初期は“自由”を旗印にしたコミュニティを作ったり旅をして動き回りながらいい具合に繋がって善意のネットワークを構築しようと模索していたのが、のちの時代になると破滅的な生活に陥るとか変な政治運動や新興宗教に絡めとられるようなことになったという歴史的考察は鋭利であり、いまだに重い問題として思考を深めるべき事柄だろう。
書名の「サイケデリック」という言葉は一般には珍妙なイメージで受け取られるかもしれないが、著者にとっては音楽の本質を示す不可欠のタームなのだ。日常に意識されている世界を抜け出て異次元のエクスタシーに至るための通路、「宇宙の無限と最も近い体験」へとトランス、トリップする最高の媒介が音楽なのだと主張される。読みながら究極的には本当にそうなのかもしれないと思わなくもない、というのも私がシュルレアリスムと音楽との親近を夢想するのも同じような観点からであるので。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 19:03| Comment(0) | 日記