2019年05月26日

対話の宴 野村喜和夫・福田拓也対談

IMG_7102.JPG昨日、世田谷の詩とダンスのミュージアムで、「みらいらん」次号の〈対話の宴〉のための「野村喜和夫の詩歌道行2 『安藤元雄詩集集成』をめぐって」が開催され、野村喜和夫・福田拓也両氏が議論を交わした。
『安藤元雄詩集集成』(水声社、本体8000円)には安藤元雄さんの既刊9冊の詩集『秋の鎮魂』『船と その歌』『水の中の歳月』『この街のほろびるとき』『夜の音』『カドミウム・グリーン』『めぐりの歌』『わがノルマンディー』『樹下』が収められている。それを通観してのお二人の話は、安藤元雄の詩の世界の地形をどう捉えるかについての意見も若干違っていて、その分うねりと緊張感があり、非常に興味深かった。福田さんは、海に象徴される境界性、有限が無限に移行し再び回帰する現象、『めぐりの歌』『樹下』で起こっている例外的事由、といった諸点を中心に語り、それを受け止めつつ、野村さんは安藤元雄さんのオリジナリティを同時代の他の詩人たちとの比較で絞り込み、読みどころ、注目すべき点を挙げていった。安藤元雄さんも臨席されていたのでその分対話の張り合いも倍加し、刺戟に満ちた、とてもよい会になったように思う。この対話は記事となって「みらいらん」4号(七月刊行予定)に掲載する予定。是非ご覧いただきたい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:05| Comment(0) | 日記