2019年11月13日

詩素7号

siso07.jpgすっかり秋になり、過ごしやすく、昨日の満月はみごとだったが、これから冬に向かうと思うと、一難さってまた一難かとため息が喉もとまで出かかる。
さて「詩素」7号が完成した。今回の参加者は、海埜今日子、大仗真昼、北爪満喜、小島きみ子、坂多瑩子、酒見直子、沢聖子、菅井敏文、大家正志、たなかあきみつ、南原充士、二条千河、野田新五、八覚正大、平井達也、平野晴子、南川優子、八重洋一郎、山中真知子、山本萠、吉田義昭のみなさんと小生。特別寄稿「まれびと」コーナー登場は吉田博哉さん。巻頭トップは平野晴子さんの「秋の柩」。定価500円。しかし洪水企画ではすでに品切れなので、入手ご希望の方はメンバーにあたっていただくか、七月堂にもしかしたら残部があるかもしれない。(池田康)
posted by 洪水HQ at 13:20| Comment(0) | 日記

2019年11月05日

野村喜和夫+阿部日奈子 トークイベント

IMG_7366.JPG2日(土)午後に、〈対話の宴/野村喜和夫の詩歌道行3〉が「未知への痕跡〜読む行為が書く行為に変わる瞬間」というタイトルで阿部日奈子さんを招いて、詩とダンスのミュージアム内ブックカフェ「エル・スール」で開催された。
前半は野村さんの手によって刊行された『ルネ・シャール詩集 評伝を添えて』をもとにルネ・シャールについて率直に議論され、後半は阿部さんの第一詩集『典雅ないきどおり』からこの秋刊行された新詩集『素晴らしい低空飛行』に至る道のりを辿る形で対話が交わされた。詩人・阿部日奈子という眩い稲妻が天から飛来し周囲をしたたか焼いて駆け抜けていったという感じの二時間だった。この対談は「みらいらん」次号に掲載の予定。ご期待下さい。(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:50| Comment(0) | 日記