2019年11月27日

「二十四の瞳」のことなど

「みらいらん」次号で小特集「童心の王国」を組むことになっているその連想で、そういえばまだ見てなかったなと思い、DVDで映画「二十四の瞳」(木下恵介監督、1954)を見た。昭和3年から始まる、小豆島が舞台の物語。中心となる大石先生(子供たちからは小石先生と呼ばれる)を高峰秀子が演じるのだが、キャストの名前が並ぶ順から言うと子供たちが主人公のようだ。今から百年近く前の、都会から遠く離れた地方の生活が映し出されるわけで、眼福ともいえるシーンがたくさん出てくる。とりわけ和式の着物に身を包んで走り回る子供たちがまぶしく、なにか羨望のような気持ちを抱いた……自分もあんなふうに着物を着て田園風景の中で遊ぶ子供時代を送りたかったなと……なにとぼけたこと言ってるかと怒られることはわかっているが。戦中の暮らしづらい様子も描かれ、終戦まで話は進むのだが、十二人の子供たちのうち男の子の何人かは出征して戦死し、墓がずらりと並ぶという、学校ドラマとしては破格の大きな悲劇で幕となる。大石先生は、いい先生なのだが、テレビドラマの学園ものでよくあるようなスーパーヒーロー教師ではなく、それぞれの子供の苦境に際してもとくに卓抜な解決策を出して助けるわけでもなく悲しげに見守るだけの、どこにでもいそうな普通の人間として描かれていて、そのさりげなさが物語を堅牢にしていると思われた。
話が飛ぶようだが、「みらいらん」次号の〈対話の宴・野村喜和夫の詩歌道行〉でゲストとして登場して下さった阿部日奈子さんの新詩集『素晴らしい低空飛行』(書肆山田)の前半で描かれるのも、どこにでもいそうな(自分と同じだと共感できる)はぐれ者の処世の四苦八苦であり、小説でも描きにくいだろう生活のありふれた底部を露出させたところが特色となっている。この本については今回の対談で詳しく語られるので、ご期待いただきたい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 17:03| Comment(0) | 日記

2019年11月16日

Echo after Echo

東京都現代美術館(江東区三好)でひらかれる展覧会「Echo after Echo 仮の声、新しい影」(11.16〜2020.2.16)の内覧会があったので拝見しに行ってきた。吉増剛造さんの展示があったため。詩人・吉増剛造はここでは映像作家の鈴木余位、音響チームのKOMAKUSと組んで「表現活動を記録・共有する」ことの作品化を試みている。この夏から秋にかけての宮城県石巻市でのReborn Art Festivalの、牡鹿半島・鮎川で制作した詩も出てきて(マドモアゼル・キンカ……)、そこを訪れた日をありありと思い出した。ここ数年頻繁に美術館に登場する吉増氏の仕事、いまや詩の世界の人たちよりもむしろ美術の世界の人たちの方がよく見えているのかもしれない。
この展覧会ではほかに、THE COPY TRAVELERS(複製、コラージュを用いたにぎやかなタッチの作品)、PUGMENT(ファッションを題材にしたインスタレーション)、三宅砂織(カメラを使わない印画紙撮影)、鈴木ヒラク(洞窟壁画のようなドローイング)の作品が見られる。一見へんちくりんな姿形でも、作品として重みを感じさせるものがあるのは、並ならぬ本気度が大事なのだと気づかされる。
同時期にあと二つ、展覧会があり、一つは「DUMB TYPE ACTIONS+REFLECTIONS」これはメディアアートの制作集団ダムタイプの35周年の回顧展的な展示。現代を領する冷気が伝わる。もう一つは美術館の新しい収蔵作品を紹介する「いま─かつて 複数のパースペクティブ」で、草間彌生の(強い美術作家になる前の)初期の素朴さが残る作品、岡本信治郎の「ころがるさくら 東京大空襲」、秀島由己男のメゾチント作品など、よかった。
この美術館は広くて立派だが、地下鉄の駅から遠いのが弱点だ。迷子になりそうで心細い。舗道に特別のタイルを埋め込むとか道しるべとなる彫刻を並べるとか美術的に工夫された道標があるとよいのにと思う。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 20:35| Comment(0) | 日記

2019年11月13日

詩素7号

siso07.jpgすっかり秋になり、過ごしやすく、昨日の満月はみごとだったが、これから冬に向かうと思うと、一難さってまた一難かとため息が喉もとまで出かかる。
さて「詩素」7号が完成した。今回の参加者は、海埜今日子、大仗真昼、北爪満喜、小島きみ子、坂多瑩子、酒見直子、沢聖子、菅井敏文、大家正志、たなかあきみつ、南原充士、二条千河、野田新五、八覚正大、平井達也、平野晴子、南川優子、八重洋一郎、山中真知子、山本萠、吉田義昭のみなさんと小生。特別寄稿「まれびと」コーナー登場は吉田博哉さん。巻頭トップは平野晴子さんの「秋の柩」。定価500円。しかし洪水企画ではすでに品切れなので、入手ご希望の方はメンバーにあたっていただくか、七月堂にもしかしたら残部があるかもしれない。(池田康)
posted by 洪水HQ at 13:20| Comment(0) | 日記

2019年11月05日

野村喜和夫+阿部日奈子 トークイベント

IMG_7366.JPG2日(土)午後に、〈対話の宴/野村喜和夫の詩歌道行3〉が「未知への痕跡〜読む行為が書く行為に変わる瞬間」というタイトルで阿部日奈子さんを招いて、詩とダンスのミュージアム内ブックカフェ「エル・スール」で開催された。
前半は野村さんの手によって刊行された『ルネ・シャール詩集 評伝を添えて』をもとにルネ・シャールについて率直に議論され、後半は阿部さんの第一詩集『典雅ないきどおり』からこの秋刊行された新詩集『素晴らしい低空飛行』に至る道のりを辿る形で対話が交わされた。詩人・阿部日奈子という眩い稲妻が天から飛来し周囲をしたたか焼いて駆け抜けていったという感じの二時間だった。この対談は「みらいらん」次号に掲載の予定。ご期待下さい。(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:50| Comment(0) | 日記