2019年12月14日

〈しなやかな戯れ〉を聴く

昨夜、東京文化会館小ホールで「四人組とその仲間たち 室内楽コンサート〈しなやかな戯れ〉」を聴いた。勝手な覚え書きは次の通り。
1曲目は、薮田翔一「祈りの華」、ピアノそしてソプラノのヴォカリーズによる構成。ソプラノが驚異的な高い音を出していた。4曲目で〈夢〉というキーワードが出てくるが、この曲も歌なるものの母型を夢の空間の中に浮かべてみたといった感じがした。ソプラノ=小川栞奈、ピアノ=黒岩航紀。
2曲目は、金子仁美「ビタミンC─3Dモデルによる音楽V─」、サクソフォン2台で演奏。リズムや音程のちょっとした差異やずれを梃子に音の道程を活気づけていく。この作曲家はストイックに求心的に厳しい音楽を作る印象があったが、この曲はバイタリティと猥雑さも具えていて雰囲気が開放的で愉快。腐れ縁の二人組がとくに何をするという目的もなくじゃれ合いながらとぼとぼと歩いていく風で、ありふれた偶然の景の面白さが味となっており、この調子で最後までとぼとぼと進行するのかと思ったら、最後のところで意想外に華麗なクライマックスが構築されていてアッと言わされた。現代音楽としての独創性という点では(そういう視点が重要かどうかはまた別の問題だが)この曲が突出していそうだ。サクソフォン=須川展也、大石将紀。
3曲目は、西村朗「氷蜜(ひみつ)」、独奏フルートの曲。しわがれた低音からよく通る高音まで、光の囀から地を薙ぐ突風まで、さまざまな様相の音を奏者に要求する難曲で、尺八の領土を簒奪しようとするかのような瞬間もあった。細い芯の貫きが幻視される。タイトル「氷蜜」とは、蜜が氷ったのがフルートという楽器だという意味もあるのだろうか。蜜というより、プリズムを舞台にしたアクロバティックな舞という印象もあった。フルート=若林かをり。
4曲目は、新実徳英「ソニトゥス・ヴィターリスVI─Somnium─」、独奏ヴァイオリンの曲。「今回の無伴奏曲は、夢にも似た、摩訶不思議と言っても良いようなイメージの連続体となった」と作曲者はプログラムに書いている。強く印象されるのが中低音域での重音(複数の弦を同時に弓で鳴らす)で、自らヴァイオリンを弾く新実さんはどういう重音がどう鳴るかよく知っているのだろう、私もこの楽器の音の重ね合わせの繊細な豊饒に魅了される方なので、その動きを見つめた。ヴァイオリンはミステリーの城であり、それは夜と夢に親近しており、悦楽もありうるが罪悪もありうる。夢とは必ずしもきれいで美しいものばかりではなく、重く苦しい場合もある。夢は「眠れない眠り」であり、肯定と否定が相克する不条理さを抱えている。力強いヴァイオリンから出てくる重音の断想は、ワイン樽の囈言、冬眠獣の腸(はらわた)の音楽のような、重さのほうに傾いた夢を思わせた。我家のガジュマル(背丈一尺ほど)は枝からさかんに細い根を出して地に向かってつっこんでいて、実に奇妙な生態なのだが、昼の世界からダイレクトに夜に還ってゆこうとする倒錯の夢路の形もある、そんな連想もちらりと浮かぶ。今回の曲目のうち、もっとも「飛び道具」を使わない、質実にして謎めいた暗さを包含した曲。ヴァイオリン=渡辺玲子。
5曲目は、池辺晋一郎「ハーモニカは笑い、そして沸騰する」、独奏ハーモニカのための曲。なかなかなさそうな楽器選択で、近くで聴いていた伊藤弘之氏も、これは珍しい!と感じ入っておられた。こういう場では滅多に出てこない楽器を登場させるからには、その楽器の特長がもっともよく発揮され呈示されるように曲を作るのが上策となる。激しい跳躍やダイナミズムもありつつ、ハイドン・モーツァルト的明朗さも具えた音楽で、ボブ・ディランのようなフォーク歌手が吹くハーモニカは荒々しくデモーニッシュだが、この曲では正調にして典雅なハーモニカを聴くことができた。なにより東京文化会館小ホールのステージに独奏ハーモニカが立ったというそのことが画期的と思われた。ハーモニカ=和谷泰扶。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 17:12| Comment(0) | 日記

2019年12月06日

吉村七重 二十絃箏で紡ぐ「音の詩・ことばの詩」

昨夜、霞が関ナレッジスクエアにて、箏の吉村七重さんの上記タイトルのリサイタルがあり、聴きに行った(MuCuL主催)。曲目は、佐藤聰明「神招琴」、八橋検校「乱」、三木稔「お種の箏歌」(オペラJORURIより)、久田典子「森の声」、木下正道「石をつむT」、佐藤聰明「櫻」。「お種の箏歌」「石をつむT」の二曲はソプラノの工藤あかねさんとの共演。小さめのスペースで音がくっきりと響いた。客数は百+αほど。
佐藤聰明さんの二曲について言うと、「神招琴」が1989年、「櫻」が2017年の作曲で、30年近い時間的隔たりがあるのだが、そうは感じさせず、ごく近いところに位置しているように思われるのは、1989年の時点ですでに作曲家・佐藤聰明の方法が確立していたということになるのだろう。世の中の大抵の曲では音は滑らかにあるいは多少不器用に〈流れ〉を作り、勢いを生み出して形を成すのであり、音楽とは基本的にそういうものだが、佐藤聰明作品では音は容易に〈流れ〉をつくらない。ぽつんと呟いて、石庭の中の石のように孤立した存在を示しつつ、間をはかって他と牽制し合い、そのことによって緊張した静寂の広がりを生み出す。その静寂の気配にじっと聴き入るというのが聴く側の接近の作法になるようで、この夜も張りつめた空気の中に箏の澄んだ音が見えるか見えないかの舞の線を刻みつけていた。佐藤さんによれば「琴は古来より神を招く神聖な楽器といわれ、霊媒や巫女は琴を弾いて神憑りしました」ということで、「神招琴」はそんな特別な眼差しを含んだ曲のようだ。「櫻」については、バスクラリネット協奏曲を書いたあと、「急に邦楽器の曲が書きたくなり」作曲したという、優れて自発的な作品と言える。
実は夏頃、体調を崩したという便りをいただいていたので、どうしたのかと心配して今回足を運んだのだが、普段と変わらぬ元気さでとうとうと語る佐藤さんがいて、少し安心したという次第。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:38| Comment(0) | 日記

2019年12月03日

塚田恵美子著『風を起こす』

風を起こす画像blog.jpg塚田恵美子さんのエッセイ集『風を起こす』が洪水企画から刊行された。四六判194ページ、並製カバー、1800円+税。
先に刊行された歌集『ガーコママの歌』の姉妹作で、短歌文芸誌「ぱにあ」に2015年から今年まで連載された文章をまとめたもの。写真をふんだんに入れ、自作の短歌作品もところどころに引用し、また各章の扉には著者が撮影したカラー写真を載せ、にぎやかな構成になっている。長野県大町市での合鴨農法による米作りの実際がこまかく紹介され、合鴨との悲喜交々のつき合いが詳述されるのだが、その語り口の軽やかさが爽やかで楽しく、なんの苦労もなく読み進むうちに、農家でない人間には未知の米作りの季節ごとの諸々の仕事にいつの間にか親しくなっている。
地元の小学校で生徒たちに合鴨農法や短歌を教える機会があったときの子供たちとの交流もみずみずしく感慨深く回想される。かと思うと、血縁の人たちが先の戦争をどうくぐり抜けたか、いかに傷ついたり命を落としたかも大切なこととして語られ、エッセイ集としての奥行きを広げている。塚田さんは言う「私の右手は、飢えや戦火、殺し合いという苦しみ・悲しみを背負ってきた人たちと手を繋いできました。左手は、私の次の世代の子供と手を繋いでおります」。さらには、猿、鷹、鹿、熊など獣との戦い(苦戦続き)も息詰まる思いで読むことになり、この世界はからなずしも人間の専有物ではないことがしかと思い知らされる。
夫の塚本伸一さんによる、戦後いかにこの地で田畑を開拓してきたかを語る文章も跋文のかわりとして収録され、ささやかな家族史が完成した観がある。信州の自然に包まれた農の生活が、かけがえのない魅力とともに立ち現われてくる、貴重なエッセイ集だ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 20:03| Comment(0) | 日記