2020年01月23日

鹿野政直著『八重洋一郎を辿る』

八重洋一郎を辿る表紙画像.jpg鹿野政直著『八重洋一郎を辿る ─いのちから衝く歴史と文明─』が完成した。洪水企画刊、四六判204頁フランス装、定価本体1800円+税。
長年、日本近現代の思想史を研究してこられた鹿野政直氏が、ライフワークの沖縄研究で行き着いた先として石垣島出身の詩人・八重洋一郎の詩業に注目し、幼少期から現在までを丹念に辿った詩人論であり、沖縄そして八重山諸島の苦難の歴史も踏まえながら、詩集ごとにその作品をよく見える目で読解・批評し、八重洋一郎がどういう意義を担う詩人であるかを浮彫りにして見事なのだが、まずなによりも歴史学者・鹿野政直が学問道の最後に「詩」とぶつかり、格闘したというそのことが「事件」であり、この事件性の大きさを理解し受け止めることが重要だろう。
「「自由とは、つまり己が生命が爆発していること、歴史よりも深く宇宙よりも深く実在よりもなお深く、静かに音もなく爆発していること、そしてその爆発の自覚であろう」。八重にとって、圧し拉がれてきた島の存在は体内を奔流し、歴史をひっくり返すことは心願そのものにほかならなかった。」(本文より)
こんな具合に詩人の内奥の核が摘出され、また「みらいらん」5号のインタビューでは、「八重山から来る世直し」という表現も用い、「沖縄本島のエリートの人にも読んでもらいたい」という意味深長な発言もされている。詩が歴史を貫く現場をおさえ、そのありさまを克明にあますところなく証言する驚異の真摯さに打たれていただきたい。
なお、現在、この本は在庫のすべてを取次に入れてしまい、こちらには残部がないので、ご注文は書店にて(あるいはネットショップで)お願いいたします。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:33| Comment(0) | 日記

2020年01月16日

「現代短歌」寄稿

短歌の雑誌「現代短歌」3月号に寄稿した。特集「短歌にとって悪とは何か」の枠の中で。短歌のことではなくて恐縮だが、主にランボーとヴィヨンのことを書いている。雑誌はすでに完成しているので、よろしければご覧下さい。現代短歌社、定価1000円+税。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:02| Comment(0) | 日記

2020年01月12日

三日遅れ坊主

三日坊主という言葉があるが、小生のここのところの生活は「三日遅れ坊主」になっているような気がする。年末にするはずの大掃除は正月に入ってから申し訳ばかりやるとか、元旦と二日はパンを食べていてようやく三日になって餅を食べようかという気になるとか。正月三が日に読んでしまうつもりだった小説も読み終わるのが一週間ほどあとになった。年末に予定していた室内スリッパの更新も昨日ようやく果たした、などなど。カレンダー通り生活するのも窮屈だし、予定表通り課題をこなすのも辛気くさい、というのは自己管理能力に乏しいずぼら人間の説得力皆無の言い訳だろうか。
「みらいらん」5号で望月苑巳さんが紹介していた映画「パラサイト」(ポン・ジュノ監督)はそれでも封切の翌日に見た。評判にたがわないショッキングな喜/悲劇。ちなみに、正月に読んだ小説とは、P・K・ディックの『スキャナー・ダークリー』だが(これは43年遅れ)、この小説の展開も「パラサイト」に劣らぬくらいに衝撃的だった。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 13:16| Comment(0) | 日記

2020年01月05日

「男はつらいよ」の着地点

脚本は作品の単なる骨組みではない、思考であり思想であり意志表明である。
「みらいらん」の作業のすべてを終了した大晦日の前日、「男はつらいよ お帰り寅さん」(山田洋次監督)を見た。回想シーンでの寅さんの数々の語りには胸がジーンと来るし、歴代のマドンナたちのいい表情の映像の連射は神々しく圧巻だが、本筋の立て方はそれに劣らず衝撃的だった。寅さんの甥っ子でさくらの息子の満男(吉岡秀隆)が昔の恋人の泉(後藤久美子)に何十年ぶりかで再会するというストーリーなのだが、クライマックスは泉が高齢者施設に入居している父親に会いにいくところ、とくにその帰路に頂点があるように感じられた。しかしこの場面は決して華やかに盛り上がる物語の局面ではなく、むしろあまりにも凡庸でありふれた、みっともなく恥ずかしい、マドンナ泉にしてみたら自分で見たくもないし人に見せたくもない、親子の愛情生活のパンク、家族崩壊のうんざりの現実があらわになる、人生の底部のリアルが牙をむき出す場面なのだ。このような冷酷な痛々しいエピソードにクライマックスを持ってくる脚本はそうとうな度胸であり、制作責任者は心臓が縮むのではないか。男はつらいよシリーズ全体をマドンナのやるせない恥辱に着地させるこの逆ウルトラCのストーリーの組み方により、ファンタジックな車寅次郎絵物語が神話と歴史とがからみ合い融和するように我々の現実に地続きのものであるという感じがしてくるのだ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:23| Comment(0) | 日記

2020年01月02日

みらいらん5号完成

milyren5.jpgみらいらん5号が完成した。
「対話の宴 野村喜和夫の詩歌道行」ではゲストに詩人の阿部日奈子さんを迎え、「未知への痕跡 ─読む行為が書く行為に変わる瞬間─」と題して、フランスの詩人ルネ・シャールのことや阿部さんの新詩集『素晴らしい低空飛行』を中心に過去の詩集もふくめた詩業のことを話し合っていただいた。とても濃密な詩の思考のやりとりになっていると思う。
小特集「童心の王国」では、大人への敷居をまたいでいない子供の心には大人が喪失してしまったなにか大事なモノが息づいて輝いているのではないか、との問題意識から、加藤治郎、高貝弘也、青木由弥子、蝦名泰洋、長田典子、中本道代、川中子義勝、八重洋一郎、佐川亜紀、柏木勇一、生野 毅、嶋岡晨といった方々の寄稿とともに幼心と詩について考えてみた。
インタビューは日本近現代思想史の鹿野政直さん。石垣島の詩人・八重洋一郎を論じた近刊予定の詩人論『八重洋一郎を辿る』(洪水企画)のことをお聞きした。正義を重んじる、歴史への非常に熱い取り組みが印象的だった。
巻頭の詩は、中上哲夫、鈴木東海子、中村不二夫、菅井敏文、平野晴子の諸氏の作品が並ぶ。齋藤愼爾・高岡修の二氏を並べた俳句の頁も注目していただきたい。
それから昨年九月に生野毅さんとともに宮城県石巻市で開催されたリボーン・アート・フェスティバルを訪れ、吉増剛造さん主催の「詩人の家」に宿泊体験したが、そのときの模様を「光の海底へ登れ! Gozo in Ayukawa」と題して生野さんが寄稿して下さった。これもぜひご覧いただきたい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:38| Comment(0) | 日記