2020年01月23日

鹿野政直著『八重洋一郎を辿る』

八重洋一郎を辿る表紙画像.jpg鹿野政直著『八重洋一郎を辿る ─いのちから衝く歴史と文明─』が完成した。洪水企画刊、四六判204頁フランス装、定価本体1800円+税。
長年、日本近現代の思想史を研究してこられた鹿野政直氏が、ライフワークの沖縄研究で行き着いた先として石垣島出身の詩人・八重洋一郎の詩業に注目し、幼少期から現在までを丹念に辿った詩人論であり、沖縄そして八重山諸島の苦難の歴史も踏まえながら、詩集ごとにその作品をよく見える目で読解・批評し、八重洋一郎がどういう意義を担う詩人であるかを浮彫りにして見事なのだが、まずなによりも歴史学者・鹿野政直が学問道の最後に「詩」とぶつかり、格闘したというそのことが「事件」であり、この事件性の大きさを理解し受け止めることが重要だろう。
「「自由とは、つまり己が生命が爆発していること、歴史よりも深く宇宙よりも深く実在よりもなお深く、静かに音もなく爆発していること、そしてその爆発の自覚であろう」。八重にとって、圧し拉がれてきた島の存在は体内を奔流し、歴史をひっくり返すことは心願そのものにほかならなかった。」(本文より)
こんな具合に詩人の内奥の核が摘出され、また「みらいらん」5号のインタビューでは、「八重山から来る世直し」という表現も用い、「沖縄本島のエリートの人にも読んでもらいたい」という意味深長な発言もされている。詩が歴史を貫く現場をおさえ、そのありさまを克明にあますところなく証言する驚異の真摯さに打たれていただきたい。
なお、現在、この本は在庫のすべてを取次に入れてしまい、こちらには残部がないので、ご注文は書店にて(あるいはネットショップで)お願いいたします。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:33| Comment(0) | 日記