2020年12月28日

レコードで聴く佐藤聰明初期作品

satosomeirecords.jpg作曲家・佐藤聰明さんの初期作品を収めたLPレコードがこのたびスイスのWRWTFWW Recordsから二点発売された。
一つは、マンダラ三部作と呼ばれる「マンダラ」(1982)、「マントラ」(1986)、「タントラ」(1990)という三曲の電子音楽作品、そして「舞」(2004、ハープとオーケストラの作品)を収録した二枚組の「MANDALA TRILOGY+1」(写真下)、そしてやはり電子音楽「エメラルド・タブレット」(1978)と「エコーズ」(1981)を収録した「EMERALD TABLET/ECHOES」(写真上)。写真の一番下には、大きさの比較のため、マンダラ三部作収録のCDを置いてみた。ジャケットデザインは杉浦康平氏とのこと。
マンダラ三部作は、音楽と音楽以前の中間領域で音が立ち上がっているようで、キャンバスを塗り込めた抽象絵画を思わせ、言葉が生まれる以前百万年の仄暗い精神史が音で描かれているかのように、霊気を帯びて聞える。三作目の「タントラ」になると、人声のような響きも感じられ、大分人間に近づいている気配もある。2004年の「舞」はすでに古代に踏み込んで、音楽らしい音楽になっている。
CDと聴き比べると、レコードはより柔らかく空気感のある音がするように思われた。佐藤聰明音楽の原点がここにあると言えそうだ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:23| Comment(0) | 日記

2020年12月23日

清らかさに賭ける

映画「蜜蜂と遠雷」(2019、石川慶)を見る(映画館でなく自宅で)。清い。若者のごまかしのない清さ、ドキュメンタリ的側面の清さ、音楽という創造物に固有の清さが重なっている。ここまで清らかさに賭ける映画はなかなかない。音楽の初心の歓喜が、その中心軸にあるように思われる。そこにプロコフィエフやバルトークが鳴る新鮮さ。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、ドビュッシー等々の曲の欠片も光を差し込んでいた。母親の死が精神的ダメージとなってステージでピアノが弾けなくなった女の子(松岡茉優)がその困難を克服する話が主筋となり、幼馴染みのエリートピアニスト、野生児のようなピアノ少年、生活者思想を抱く社会人ピアノマンのエピソードが絡み合ってくる。そして青年たちの苦闘に対して、斉藤由貴が大人の極を一手に引き受けコンクールの天空を支配して異彩を放つ。この作品の眼目の一つは、ツンといかめしい斉藤由貴を見ることだろうか。雷や馬や蜜蜂(?)といった象徴系をもう少し巧く物語にゆわえてくれるとよかったのだが。劇中の音楽があるだけで、いわゆる「映画音楽」がほとんどついていないのも特徴の一つだろう。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:01| Comment(0) | 日記

2020年12月11日

虚の筏26号

「みらいらん」次号の編集はようやく終わり、印刷所に入れた。あとは無事に誕生してくれることを祈るのみ。
さて、「虚の筏」26号が完成した。今回の参加者は、生野毅、伊武トーマ、神泉薫、たなかあきみつ、二条千河、久野雅幸のみなさんと、小生。下記リンクからご覧下さい。

http://www.kozui.net/soranoikada26.pdf

(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:35| Comment(0) | 日記

2020年12月03日

最近のびっくり四選

アメリカの大統領選挙。「レッド・ミラージュ」なる現象が起こるだろうという予測が報道されていたが、本当に起こってみるとやはり仰天。選挙という行事でこのような現象を目撃したのは初めてだ。次期政権では女性の副大統領の配置が注目されているようだが、この構えの深さは好ましい。
競馬のアーモンドアイ。これは説明不要か。二年前の桜花賞のときは一番人気ではなかったように覚えているが、それがG1=9勝とは、破格の記録。オルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ゴールドシップといった過去の名馬たちは横綱の重量級のイメージがあったが、アーモンドアイは軽快な駿馬という雰囲気なのが不思議。
そしてプロ野球のソフトバンク・ホークスの強さ。あいた口がふさがらない。相手チームのふがいなさを言うよりも、ただただホークスが強いのだろう。サッカーの川崎フロンターレにも当てはまるが、確立された戦術の型と自分たちは強いという積極的な自己暗示(自信)が正のスパイラルを描いて手のつけられない“台風状態”を形作っているように感じられた。
平原綾香の今年開催のコンサートをビデオ視聴する機会があり、この人、ここまで巨きな歌手だったっけと驚く。福々しく強く、繊細で凄みがある。たしかに20代から十二分に上手かったが、ここ数年で一段の進境があったのだろうか、5年前の歌唱と聴き比べてもそんな感じがするのだが…。A級を超えた域にS級があるとして、更にそこから出てT級(typhoon)へと豹変かと思わせる瞬間がたびたびあった。今の平原綾香のうたう「BLESSING 祝福」に耳傾けるのは無上の体験だ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:42| Comment(0) | 日記