2021年06月25日

みらいらん8号

みらいらん8表紙画像003.jpg
「みらいらん」8号が完成した。今号は「特集・嶋岡晨」と、前号から引き続きの回覧書簡「いま、なぜビート詩か?」の後編と、大きな企画が二つあり、192ページと膨らんだ。
「特集・嶋岡晨」では、城戸朱理さんと相談しながら作ったのだが、その結果、最初の想定を遥かに越えた大特集となった。城戸さんが質問項目を構築し、嶋岡さんが回答する形の書簡インタビュー「城戸朱理の謹厳精緻な十の質問と嶋岡晨のおおどかな二通の回答」、嶋岡さんの詩の最新作「失われた母国の歌」、そして論考は、城戸朱理、小笠原鳥類、田野倉康一、阿部弘一、大家正志、有働 薫、布川 鴇、新城兵一、山崎修平、村松仁淀、川村龍俊、広瀬大志のみなさんにご寄稿いただいた。大学の教え子、同郷の後輩、かつての同人誌仲間、嶋岡晨詩集をすべて蒐集することをめざす熱烈な支持者、長年遠くから見つめてきた崇拝者、といった方々が嶋岡詩の魅力と力について、「怒り」と「変身」と「自由の希求」について、惜しむことなく語っていて、その熱度に圧倒される。そして小笠原鳥類・城戸朱理選による嶋岡晨詩抄(20篇)、新たに執筆された自筆略年譜にもご注目いただきたい。
回覧書簡「いま、なぜビート詩か?」後編は、前編とは反対の順番で執筆が行われた。すなわち野木京子/長田典子/飛松裕太/油本達夫/中上哲夫という流れ。ビート詩研究会で読書会を行ったアンソロジー『Women of the Beat Generation』を土台にして、さまざまの女性詩人の仕事が紹介される。最後の中上さんの書簡では日本におけるビート詩運動の「受容史」がかなり詳細に総括されていて、壮観だ。
巻頭詩は、安藤元雄、八重洋一郎、福田拓也、結城 文、松本秀文のみなさん。
表紙のオブジェは國峰照子作「うつろい」。右側の画像はオブジェの内部を写したもの。ここまで作り込むところに國峰さんの創造の精神性がうかがわれる。雑誌をお送りしたら早速國峰さんからお電話をいただき、いろいろお話をうかがったのだが、巻頭の安藤さんの作品「踊る二人」が「うつろい」に通じているように思えると喜んでおられて、なるほど、気がつかなかったがそういうところがあったかと、思いがけない連結線にときめきを感じた。

さて、小生執筆の「深海を釣る」で、先日逝去された清水邦夫さんの「真情あふるる軽薄さ」について書いたのだが、スペースの都合で書けなかったことをここに補論として記したい。
DVDになっている再演「真情あふるる軽薄さ2001」の最後では、RCサクセションの演奏による「ラヴ・ミー・テンダー」が流れていた。忌野清志郎を「真情あふるる軽薄さ」の主人公の青年に重ね合わせることは確かに的外れではないように思われる。
「ラヴ・ミー・テンダー」はアルバム『カバーズ』に入っている。わが妄想の(永遠に叶わない)音楽的野望は、忌野清志郎のバンドに加わって「噓だろ!」(同アルバムの冒頭の曲「明日なき世界」)とコーラスで叫ぶことだが、このアルバムを聞き直してみると、「Kodomo-Tachi」のクレジットで児童合唱とも言えぬちゃらんぽらんな適当さで子どもたちが一緒に歌っていて、これでオーケーならボクだって加われる!と思ったものだ。
この『カバーズ』というアルバムにはボブ・ディランの「風に吹かれて」とジョン・レノンの「イマジン」が揃って入っており、希有な濃密さを実現している。カバーアルバムで時代を画するこの両曲が同時に入っている事例は世界でも少ないのではないか。日本ではひょっとしたらこの一枚だけかもしれない。しかもどの曲も忌野自身の手で訳された日本語詞がうたわれており、このこともこの作品集の価値を高めている。CDの帯には「往年の名曲の数々に「反戦・反核」の意訳をつけたカバー曲集。単なる日本語訳詞ではなくオリジナルとも言えるその歌詞は力強い。」という紹介文が入っており、このアルバムが(発売中止など)騒がれた要因を簡潔に伝えている。1988年8月15日に発売された、ということは、つまり昭和のどんづまりの時期だ。忌野の高邁な「戦い」の形がここに結晶していると言える。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 14:42| Comment(0) | 日記