2008年04月18日

古書店に緑色の、魚の本がありました

暗い水槽の建物について、これはお菓子なので暗いのですよ緑色なのです、料理だった。料理を作る人はテレビの画面で料理を作っていて、料理は緑色のテーブルの上にあった、テーブルの下は魚の背中が泳いでいて、これは四角い、魚が生きているテレビになるだろう、これは家具なのです。家具があって、テーブルがあって、人々がいた、人々はカメラを持っていました。撮影して、熱帯魚のイルカの、図鑑を撮影していました、図鑑には四角い絵が並んでいて、四角い、これは四角い魚を使った料理なのです、それから板があった、板は透明で、下では河の魚が泳ぐだろう、魚の背中には模様がありました。魚の背中の模様を楽しむ本を読むだろう、写真が多かった、私は古書店で、上から見て楽しむ池の魚、池の底が青いペンキで塗られていて、とても水の色だったプールの色だったのです。小さな水槽の棚が、金属で作られていて、熱帯魚を、金魚を、このように飼育するのですよ、これを食べるのですという、情報の本(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14149941

この記事へのトラックバック