2015年11月27日

嶋岡晨詩集『騒霊』

shimaoka-sourei.jpg嶋岡晨さんの新しい詩集『騒霊』が洪水企画から刊行された(1800円+税)。サブタイトルが「Poltergeist」となっていて、その訳語が「騒霊」なのだそうだ。霊のようなモノがいたずらをする現象ポルターガイストだが、そう言われると妙な物音が聞こえてきそうで、不安な心持ちで読み進むことになる。今回の作品はおもに今年書かれた詩篇で、見開き2ページに収まる短いものが多く、全部で36篇収録されている。アイロニーとペシミズムを織り交ぜた小気味よい諧謔は健在だ。「草ひばり」「豆的運命」など小さな生命の姿をヒントにしてイメージをふくらませた作品もあれば、「機織り」「進駐」のように若年の思い出をつづった作品もある。不条理の運命を悼む「夢の箱」、亡き友を偲ぶ「F君のハンガー」も痛切。もっともストレートにがつんと衝撃が来るのは、母の霊との対話とも言える「姨捨」かもしれない。しかし引用するのには長過ぎるので、本で読んでいただくことにして、ここではタイトル作の「騒霊」を紹介したい。これは「化け損ねのお化けの群れに」という詩の次に置かれ、芭蕉の句「草の戸も住み替る代ぞ雛の家」が詩の題の横にそえられている。

 ひとが死ぬと 瞬間
 その「住処」が引っ越すのだ どこかに
 そこにでき上がる だれも知らない
 生臭い肉の家

 新しい腐敗臭と 同居人
 たましい一族のガタピシ揺れる仮住まい
 法外な家賃を請求する 骨だけの家主の声
 柱にしがみつくのは
 騒霊(Poltergeist)

 先住者の妄念のスリッパの音
 咳払い あくび くしゃみなども
 天井や床下にまだ棲みついたまま
 だが新しい住人は契約した
 すべてを譲り受ける と
 名前も 顔も 性癖も そっくりそのまま

 住み替わるとはそういうこと 即ち
 どこにも死んだ人はいないのだ。

「現実にはもうずいぶん久しく現住所に定住しているが、精神的には今でも頻繁にあちこち引っ越しているつもり。むろんその都度、過去や未来の騒霊にひとりかってに悩まされている。/現実的にはそれはある体験の核心にとり憑いた痛みやここちよさのようなものか。消失と復活の繰返しを求める執拗なある心情の主張ともいえよう」と後書は言う。「詩的騒霊」を楽しんでほしい、とも。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: