2015年12月27日

石橋幸ライヴ

昨夜、西荻窪のライヴハウス音や金時で、ロシアの歌をうたう歌手・石橋幸のライヴを聴いた(山本萠さんのご案内)。とても勢いのある歌唱で、旋風のように力強く迫ってくる。各曲の詞内容を説明するお話も丁寧で、どういう歌なのかがよくわかる。俳優でもあるそうで、演出の意識も鋭く、歌に芝居の気分がまじる具合などはちょっと森繁久彌を思わせる。ライヴ前半は旧ソビエト時代の囚人や戦争抑留者がシベリア開発に従事させられたころの収容所の悲惨とか、生活の苦悩、困窮をうたう歌が並び、石原吉郎の物語を想起した。今年刊行された、この詩人を論じた二冊、すなわち野村喜和夫『証言と抒情 詩人石原吉郎と私たち』(白水社)、細見和之著『石原吉郎 シベリア抑留詩人の生と死』(中央公論新社)を最近読んだばかりで、頭の中がそのことでいっぱいだったのだ。
伴奏陣は、翠川敬基(チェロ)、向島ゆり子(ヴァイオリン)、黒田京子(キーボード)、石塚俊明(ドラム)と、小さな会場ながら四人もいて豪勢でにぎやかだ。歌と伴奏の問題については、近ごろアニタ・オデイの『ジス・イズ・アニタ』、『アニタ・シングズ・ザ・モスト』などのアルバムを聴くことがあり、考えさせられた。ジャズ演奏なのだから当然かもしれないが、伴奏陣がとてもスポンテニアスで活溌な演奏をしていてそれが非常に楽しめるのだ。スリリングさがたまらない。たとえばオスカー・ピーターソンのピアノソロの部分は彼のベストプレイの一つに数えることができるのではないかと思われるくらいだ。伴奏が造花のように大人しくきれいにウェルメイドに仕上げられる今どきの商業音楽ではめったに聴けないような活き活きとしたインタープレイで、こういう歌演奏のあり方をもっと追求してほしいものと思いながらCDを聴いていたのだが、ライヴではそういう面も自然と出てくるようで、この夜のライヴでも、ヴァイオリンやドラムなど所々でフロントを奪って覇気ある音を聴かせていた。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 11:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: