2016年09月13日

秋元千惠子著『地母神の鬱』

jibosinnoutsu.jpg歌人の秋元千惠子さんの環境詠に関する論考やエッセイを集めた本『地母神の鬱 ─詩歌の環境─』が〈詩人の遠征〉シリーズの第8巻として洪水企画から出た。長年にわたり書き継がれた、環境問題を短歌の詠に組み入れることに関する思考の集積であり、己自身の真率で偽りのない抒情を基本とする詩型である短歌にどうやってポエジーをそこなうことなく環境問題の議論を取り入れるかは難しい問題があるわけだが、あえて〈社会〉に目を向けようとする秋元さんの半世紀近くにも及ぶ努力の継続は非常に重い。
この課題をより抽象的に(次元を高くして)言えば、詩歌に文明論的思考を取り入れるということであり、これは戦後詩が当然のことのように行ってきたことであって、この時代に生きる人間としてなんの不思議もない営為だ。短歌でも前衛短歌あたりでは高度な仕方でこの試みがいろいろなされており、本書後半の、他の歌人たちの作品を鑑賞する章ではその構築が丹念に読み解かれている。秋元さんはこの文明論的思考の方法論を故玉城徹から学んだそうだ。抒情を旨とする上田三四二の教えと、そして玉城徹の思想性とが、自分の二つの基礎になっていると語る。
ということで問題意識がはっきりしており、真摯な、非常に考えさせられるエッセイ集と言える。終戦直後のころ、DDTまみれのトマトを食べてひどい腹痛にみまわれた忘れられない経験をし、後年荻窪で自然食品の店を営んだ人間としての実際的知識、経験、感覚の蓄積が独自の重みを創りだしているのではないだろうか。
自選百首も含まれていてこの歌人の歌業のエッセンスを味読することができる。
書名は
 うらうらと揚がるひばりの空の鬱 孵らぬ春に地母神の鬱
という短歌からきている。
地母神はわれわれの近現代のある歪な部分を衷心から憂いているのだ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 11:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: