2016年11月21日

大阪一泊二日

一昨日から昨日にかけて大阪に行っていた。平野晴子さんの詩集『黎明のバケツ』(洪水企画)が第18回小野十三郎賞特別賞を受賞し、その授賞式が19日午後に開かれたため(中之島フェスティバルタワーにて)。本賞は森水陽一詩集『九月十九日』。選考委員は金時鐘、倉橋健一、小池昌代、坪内稔典の四氏。授賞式の後この方々の座談会が行われたのだが、詩歌にテーマは必要か不要か、詩は言語芸術として最高最強か等の問題についての金・坪内両氏の意見の相違が刺戟的で、はらはらしながら聴いていた。倉橋氏は小野十三郎の詩と詩論が形成される歴史的経緯を語り、小池氏は小野詩を裏打ちする〈量〉的なことについて考えを述べた。坪内氏は『黎明のバケツ』の「秋の日の縁側で」を高く評価しこの一篇だけで受賞に値すると選評で書いていて判断の潔さに頭が下がった。金時鐘氏は伝説的存在のような感じがしていて、目の前に生きた金氏がいることが驚きだった。
ホテルがとれなかったのでサウナで一泊。
20日の午後には関西詩人協会の大会が大阪リバーサイドホテルであり、山田兼士さん(この秋洪水企画から詩集『月光の背中』刊行)が講演をするというので聴きに行った。題は「谷川俊太郎の世界・その作品をめぐって」。谷川氏の詩の技巧について少し語った後、しかし完全に無技巧と思われる、心から出てきたそのままの詩がおそらく三篇あるとして「かなしみ」(『二十億光年の孤独』)、「芝生」(『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』)、「さようなら」(『はだか』)が挙げられた。なるほど。谷川さんの仕事には通称〈思潮社系〉〈集英社系〉〈理論社系〉と言われる3つの詩のタイプがあることも論じられ、こちらもなるほどだ。第四詩集『絵本』はまさしく絵本のように大きな判の私家版で谷川さんが自ら撮った写真(手の形)に詩を合わせたもので、今はもう入手不可能という。その写真がなければ詩テキストだけ読んでも不十分というわけで、山田さんのプロデュースで澪標から判型を小さくして復刻されたということだ。実は山田さんはこの前日が娘さんの結婚式という大変な日程だったのだが、彼女は大学の卒業論文で山田兼士教授の指導のもと谷川俊太郎『みみをすます』論に挑戦したのだそうで、親子ともども因縁は非常に深いようだ。
この日の午前はテアトル梅田で映画「この世界の片隅に」を観た。満席。泣かせる映画。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 10:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: