2016年12月10日

第23回 四人組とその仲間たち 室内楽コンサート

昨夕、「四人組とその仲間たち 室内楽コンサート」を東京文化会館小ホールで聴いた。全体で5曲で、以下のような構成。
中村ありす「風の門 アルトサクソフォンとピアノのために」須川展也(sax)、羽石道代(pf)。金子仁美「味覚・嗅覚―基本篇― 2本のギターのための」鈴木大介(gt)、大萩康司(gt)。西村朗「ハラーハラ 独奏アルト・サクソフォンのための」須川展也(sax)。新実徳英「ピアノのためのエチュード ─神々への問い─ 第2巻」寺嶋陸也(pf)。池辺晋一郎「バイヴァランスXI 2人の声のために」工藤あかね(vo)、松平敬(vo)。
「風の門」はタイの古代医学を発想の源として作曲されたそうで、サクソフォンを上手に活かして闊達なもの。第3セクションのリズミックな音楽は単純な構成要素からなっていたがなかなか効果的だった。
「味覚・嗅覚―基本篇―」は食、味覚に発想を得ているようだ。しかし誰でもやる飲食の行為に照応しているとされるこの音楽はそれほど聴きやすいものではない。金子氏は風変わりな音楽観を持っているようで、安易には楽しませないぞという厳しさが感じられた。そういう音楽観の新しさを求める人たちにとってはこの曲は最も手応えがあったかもしれない。最後の楽章はふしぎに気色のいい紋様感覚の音楽。ちなみにギターの鈴木・大萩両氏はラジオやCDなんかでは親しんでいたが生で聴くのは初めてだったかもしれずステージ上のどちらがどちらかわからなかった。残念。
「ハラーハラ」はヒンズー教の神話(不死の霊薬アムリタと猛毒ハラーハラの)に沿った展開のようで、ヴィルトゥオーゾ・須川展也のサクソフォンの妙技を存分に堪能できる波瀾万丈のソロ曲。この音どものすべてが音符として五線譜に書いてあるのかと思うととんでもないことのように思われるのだが、それを堂々と吹き切る見事さ。
「ピアノのためのエチュード ─神々への問い─第2巻」は内実的には宇宙論の問いのようで、音楽に即して言えば超絶技巧のエチュード。そうとう上級のピアニストでないとこのエチュードには挑めないのではないか。今回のコンサートのなかでは最もオーセンティックな組み立ての姿勢の曲で、音楽の構造幾何学をとことん追求しようという意気込みが感じられる。所々で描き出される楽想の形象もあざやかに輝き、複雑な和音の一つ一つもずしんずしんと響いてくる。和音の奥深さ、構成のロジックのゆるみを排した精密度でつき抜ける曲。寺嶋さんの力まない的確な演奏に拍手。
「バイヴァランスXI」はいろんな組み合わせが可能だが今回の初演は一人の男声&一人の女声にしたとのこと。松平・工藤の両氏は夫婦なのだそうで息が合っていた。歌われる言葉はアンドレ・ブルトンと西脇順三郎の作品の断片(のパロディ)から構成したとのことだが、それだけでなく、犬や猫、蛙や牛、その他いろんな生物や自然の音が入り込んでいる気配があって楽しく、二歳の坊やとお嬢が遊んでいるようで、根源的な音楽が生成しているような感じがした。音楽はどんなものでも多かれ少なかれシュルレアリスティックな存在だというのが小生の持論だが、これは意識的に優れてシュルレアリスティックな音楽になっていたように思われた。歌い手の衣裳は今回は正装だったが、もっと演劇的な見せ方を追求するなら、派手な襤褸ファッションをまとっても面白そうだ。このコンサートを聴きにくる客はさすがに現代音楽になじんだ人たちばかりのようで、この尖鋭的な曲を嘘のない拍手とブラボーで迎えていた。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: