2017年01月31日

『詩国八十八ヵ所巡り』

shikoku88.jpg詩のアンソロジー『詩国八十八ヵ所巡り』(燈台ライブラリ3、1300円+税)がようやく完成した。カバー袖の案内文では「四国八十八ヵ所巡礼になぞらえ、近現代日本を代表する八十八人の詩人の作品を集めて百年の心の歴史をたどるアンソロジー。この一冊を繙く巡礼は、時代的視野を広げまた深め、詩の生まれる意味を考えさせ、文芸による心魂の浄化の可能性を証し、人生にきびしい核をそなえた真摯さをもたらすだろう。選・解説は高知出身の嶋岡晨。」と謳っている。時代を背負う詩文学の重みがひしひしと感じられ、新書判192頁のコンパクトな一冊にこれら88篇の詩がきれいに収まってしまったのは制作側としても驚きだった。
収録されている詩人は「峠三吉/鮎川信夫/山本太郎/田村隆一/谷川雁/黒田三郎/関根弘/宗左近/石原吉郎/金子光晴/天野忠/長谷川龍生/黒田喜夫/秋谷豊/菅原克己/飯島耕一/木原孝一/嵯峨信之/木島始/真壁仁/清岡卓行/石垣りん/川崎洋/伊藤桂一/井上俊夫/会田綱雄/山田今次/吉野弘/谷川俊太郎/城侑/山村暮鳥/高村光太郎/萩原朔太郎/佐藤春夫/西脇順三郎/田中冬二/宮沢賢治/八木重吉/丸山薫/北川冬彦/三好達治/尾形亀之助/高橋新吉/富永太郎/小熊秀雄/村野四郎/中野重治/春山行夫/草野心平/小野十三郎/山之口貘/瀧口修造/竹中郁/近藤東/坂本遼/原民喜/神保光太郎/永瀬清子/伊東静雄/高見順/中原中也/井上靖/津村信夫/菱山修三/槇村浩/立原道造/淵上毛銭/串田孫一/野村英夫/吉田一穂/安西均/吉岡実/中桐雅夫/三好豊一郎/那珂太郎/北村太郎/吉本隆明/茨木のり子/中村稔/新川和江/大岡信/白石かずこ/入沢康夫/三木卓/荒川洋治/葵生川玲/片岡文雄/嶋岡晨」といった並び。選出・解説の労をとっていただいた嶋岡さんには心より感謝したい。
今回このような本を編集してみて切実に感じたのは、テキストを決定する(それを校正する)大変さだ。一人の詩人の一つの作品でも複数の雑誌・詩集・選集に載っていてそれぞれ形が微妙に違っていたりする。どの版を典拠にするかによってテキストの姿が変わってくるわけだ。その決定は嶋岡さんの考え・指示に従ったものもあれば(鮎川信夫作品など)、編集部が入手・閲覧しうる最も信頼できそうな書物という観点で決まったものもある。有名な作品は△△文庫など普及版に拠っているものもある。萩原朔太郎の「竹」の第七行目はオリジナルは「かすかにふるえ。」となっているようなのだが、筑摩書房の全集版では「かすかにふるへ。」となっていて、こちらの方が文法的に正しいように思われるので、筑摩の全集に拠った。語法的に怪しかったり誤りに見えても、正しい表記に直っている本が見つけられなかった場合はそのままにしてある(そこまで踏み込んだ校訂は差し控えた)。そもそも詩を書くという行為はときに限りなく我儘で身勝手なのだ。旧仮名遣いのものもあれば新仮名遣いのものもあり、後者の場合でも拗音促音は小さい字にしないという作者の好み・方針に従った書き方のものもあり、それぞれ典拠したテキストの通りにしたので、統一感という点ではばらばらな混在の感じがするかもしれないが、それがこの百年という時代の幅なのだという認識をもって了解していただきたい。
そして更に、一作の背後には同じ作者による他の優れた百作二百作があり、選ばれた詩人の間には他の実力ある百人二百人の詩人がいるという無論の想像力も望まれる。詩に関心があるすべての人の必読の書、ぜひ手に取って下さいますよう。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 08:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: