2017年02月28日

四国行き

現代詩人会の高知大会(25日)を覗きがてら、『詩国八十八ヵ所巡り』の宣伝に四国各地の書店を回った。
大会のプログラムのメインは、林嗣夫氏の講演と武藤整司氏のビデオ講演。林氏の話は、言葉の働きが大小さまざまのフィクションを作り出し、それに囲まれ囚われて我々は生きているが、そこから出て、存在そのものが現れる光景ににまみえることの大切さを説き、思いがけないもの、他者性へ向けて開くことの重要さが語られた。武藤氏はあらかじめビデオに収録したものを会場で流すという風変わりさが妙に面白く、詩的生活と散文的生活とを語の羅列で端的に表現する巧みさ、さらに詩の発動を心の昂揚、実存の不思議、そして解放感という各ポイントで示していくリズムのよさを楽しむことができた。
今回の旅は、振り返ると順調そのものであり、利用した交通機関はすべて時刻表を一分と違うことなく正確無比に動き、訪れた四都市のどの書店でも担当の方あるいはそれに準ずる方に会うことができて、とても幸運だった。一昨年の北海道旅行では帰りの飛行機が雪で運行中止になったし、昨年の沖縄旅行では体調を崩して大変な思いをしたので、今回もハラハラしていたが、ありがたいことに杞憂だった。四国は再度訪れたくなる土地で、各地それぞれが長閑な心持ちで培う魅力の一端に触れることができた。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 11:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: