2017年05月07日

吉田義昭ライブ2017春

昨日は新宿三丁目のシャンソニエQuiで詩人の吉田義昭さんのジャズボーカルライブを聴いた。プログラムにおなじみの洋楽スタンダードが並ぶなかで、今回の特色は「神田川」など70年代のフォークソングをうたったこと。大丈夫だろうかと我々常連客はちょっと心配or危惧を抱いていたのだが、フォーク調ではなくオーソドックスな歌謡の姿でいい雰囲気でこなしているように思えた。
ピアノ一台を伴奏にうたうのは初めてとのこと。久富ひろむさんのピアノは指先のマジックによる繊細な芸というのではないのだろうが、一音一音確実に仕事を成し遂げていくかんじの聞き耳を立てさせる演奏だった。
そんなに大きくもないこの地下の店に鮨詰めのようにして四十人くらい入っていた。
このゴールデンウィーク、前半は頭痛にしのび寄られて半分寝ていたようなものだったが、後半は回復、好天の土曜日にはこうして外出もできて、ありがたいことだった。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 14:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: