2017年11月22日

清原啓子展など

ここ数日の催しや出来事の見聞録。
作曲家の新実徳英さんの古稀の祝賀会が早稲田のトーキョーコンサーツラボで開かれ、参加。大盛会。『合唱っていいな!』(燈台ライブラリ2)の制作にご協力いただいたすべての方(和合亮一さんを除いて)に会うことができたのはよかった。諸々の合唱団の団員たちの歌声を間近で聴く、指揮者に近い位置に立ち歌声の海に身を浸す至福。合唱指揮者は(団員が優秀なときは、という留保つきで)この世で最も祝福された職業かもしれない。
某所で行われた某句会に参加。わがヘボ句でかろうじて点が入ったのは「信州の手紙と思え林檎ジャム」と「満天の星の生る樹を見つけたり」。前者はKさんから林檎ジャムを送ってもらったことが種になっている。Kさん、毎朝トーストにつけて食べています、very goodです、ありがとう。後者の「満天の星」については、このブログの10月27日の項を参照下さい。
八王子市夢美術館で開催中の「清原啓子展」を観る。この二十年ほどわが草臥れた心魂にしぶとく憑いている版画家(1955-87)。はじめてこの人を知ったのは、久生十蘭の本のカバー絵だったか。展覧会のチラシには「短い生涯の中で残した作品は僅か30点」「精緻で神秘的、耽美的な銅版画」とある。その全貌が余すところなくこの展覧会で観られる。この種の幻想的版画としては圧倒的(“圧倒的”という強調の語をなんのためらいもなく使える)。エッチングの最終的作品はもちろん、その下絵となった鉛筆画もみごとで、並べて展示されているから興味深く見比べることができる。几帳面な字で書かれた制作ノートもガラスケースの中に見ることができ、この美術家の日々の創造作業の一歩一歩がうかがえ、熱く感じるものがある。ファンにとっては感無量の展覧会。出版物としては阿部出版から『清原啓子作品集』増補新版が出ている。
版画と言えば、神奈川県立近代美術館で先頃行われたマックス・クリンガー展も観た。1857年ライプチッヒ生まれ、1920年没。やはり物語的なものを含み持つ幻想性に強く惹かれた。展覧会のサブタイトルも「19世紀末の幻想世界」となっていて、夢の深さに酔わせるものがある。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: