2017年12月11日

河原修吾詩集『のれん』

kawaharanoren.jpg河原修吾さんの詩集『のれん』が洪水企画から出た。A5判80頁、本体1800円+税。強烈なカバーの絵はお孫さんが描いたもの。
まず、丸ゴシックで本文を組みたいという打合せ時の希望に面食らったのに始まり、こちらの既成概念を外れるところが相当にあって刺戟的だった。「一筋縄ではいかない」という表現があるが、河原さんの詩はまさにそういう面が多く、しらばくれるというか、この詩は本当のところ何が言いたいのだろうかとテキストと睨み合うことが度々だ。たとえば「洪水」という短い詩は

 花にホースで水をやる
 鉢の近くにあった蟻の穴にも
 水をやった
 あわてて逃げまどう蟻で
 穴はパニックだ
 溺れる蟻 流されてゆく蟻
 草でもなんでも掴もうともがいている

の7行だが、この詩をもって詩人が何を語ろうとしているかを把捉するのは簡単ではない。エロスの企みがひそんでいる作品も幾篇か。帯文で村野保男氏はこう語る。「河原さんは天然のオプティミストである。「のれん」を読めばそれがわかる。また普段着のユーモリストであって「となりの奥さん」や「クリップ」などを読めばそれもわかる。「ランチ」や「蜥蜴」では氏が小声のレアリストであることがわかるし、「洪水」はタフなユマニストが日常のごく身近にいることを何気なく教えてくれる。」多面性をもった詩作をしているのはたしかだろう。しかし「あとがきに代えて」というサブタイトルのついた「楽曲」は素直に読め感銘を受ける作品だ。

 タクトが振られた
 ゆっくりと地平線を引いて
 天と地を分けた
 天に音が立ち上がる
 地に語頭が流れ出る
  (中略)
 ぶつかりながら
 傷つきながら押し合いながら
 黎明を背負って
 泳ぐように競うように
 世界が沈み世界が生まれる
 ぼくはぼくの心音より
 一オクターブ高い神話に向かって
 突き進む

(池田康)
posted by 洪水HQ at 09:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: