2017年12月20日

浅草の探偵

近ごろ、2014年のテレビドラマ「リバースエッジ大川端探偵社」を見ていた(DVDを借りて)。主演は村木探偵役のオダギリジョーだろうが、同じくらいの重要さで石橋蓮司演ずる所長が活躍する。昭和の小劇場黄金期の歴史にも名前が刻まれる、伝説中の人というイメージの強いこの俳優をたっぷり見られる作品。脇役では数多くの映画やドラマに出ているのだろうが、ここまで主役級の出演は貴重だろう。出自を知っていると魂の魔界を背負っているかのようにも錯覚される。腰の座った江戸っ子弁も愉しい。かわいそうな男たちの案件が多いのは監督(大根仁)の志向か、それとも世の中はそうしたものなのか。殺伐とした事件が描かれがちな探偵物や刑事物には派手なアクションシーンがつきものだが、浅草界隈の探偵は肉体的にはいたって非力らしく、そこもずっこけていて、面白くじんわりとくる。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 13:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: