2017年12月22日

オリエント急行の探偵

探偵が活躍する舞台も浅草の巷なら安上がりだが、イスタンブールからパリに向かうオリエント急行の中となると贅沢きわまりない。アガサ・クリスティの著名な作品のこと。ミステリーに鉄道はよく使われるが、事件のメインステージにするのは思い切った発明だ。今公開中の映画「オリエント急行殺人事件」(ケネス・ブラナー監督)は、作るのに製作費がいくらかかるのだろうとため息が出るくらい大掛かりに作り込んでいて、単にバーチャルな鉄道ツアーとしても夢見心地の時間で、風景が広がるところを汽車が走る場面など、フィルムメーキングの手品的技術を活用しているようだが、素直に爽快。
この蒸気機関車はどういうものなのだろう。デフレクター(除煙板)の形が特徴的で、前照灯が三つもある。映画のパンフレットに書いてないので映画の公式サイトを見たら「スイスに現存する唯一の484列車」をモデルにしたとあった。484とはなに? 日本語でネット検索をかけてもよくわからないので英語でsteam locomotive 484で調べると、アメリカを始めとしてすべての大陸(南極を除く)の様々な地域の機関車があがってくる。そうか、これは車輪の数のことだと見当がつく。機関車前方を支える先輪が4(つまり2軸)、蒸気機関の力を伝える動輪が8(つまり4軸)、後方を支える従輪が4(つまり2軸)。日本式に言えば2D2の型だ。これは相当巨大で、日本にはこんな大きな機関車はないのではないか。C62でも2C2(464)だ。別のキーワードで検索したら、この映画で使われているのはスイスの241-A-65という型のSLという情報を見つけた。この「241」は車軸数を表すのだろう。先輪2軸、動輪4軸は合っているが、従輪1軸はくいちがう。このスイスSLをモデルにしたのならおそらく484という記述のほうが間違っているのだろうが、もう一度映画を見て確認したいところ。
1974年版「オリエント急行殺人事件」(シドニー・ルメット監督)は、フランスの230G-353という蒸気機関車を使っている(これもランプ三つ。ヨーロッパの標準型なのだろうか。日本のSLは一つ目が多い)。この「230」も車軸数を表していて、先輪2軸、動輪3軸、従輪なしの型だ。241より一回り小さいということだろう。
機関車も本作の重要な「登場人物」なのだから、プログラムには簡単にでも書いておいてほしいもの。そうすれば鉄道ファンも大いに喜ぶだろう。鉄道ファンを自称するほどのマニアではない私ごときもどの国のどういう型のSLかぐらいは知りたいと思うのだから。
話の中身のことも書いておかないと。ここでのエルキュール・ポアロは探偵業の基軸が揺らぐ重大な時空を経験する。「善と悪の天秤」が見失われそうになる特殊なケースとの遭遇であり、しかも世界から隔絶した、雪に埋もれ立ち往生した汽車の中で、犯人との距離が文字通りゼロとなり、真実に近づくほどに命の危機のレッドゾーンに入っていかねばならなくなる。ミステリーの枠自体が揺れ動くこの例外的状況が本作品の訴求力の核心となるのだろう。
多彩な国の人が集り、人種差別の話題も頻繁に出て、国際性も重要なモチーフになっている。今話題のエルサレムから始まり、英国人将校が指弾され、アメリカ人の悪漢が因果応報を受けるのは、アングロサクソンの自己批判の意識も若干はあると読んでいいのだろうか。
一つ無い物ねだりを言えば、もう30分長いとよかったかなということ。通常は短いのが有難い、2時間を超えると耐えるのが困難に感じるが、今回はなぜかもう少し長く汽車に乗っていたい気がした。主要登場人物が十人を超えるので一人一人の言動・表情を眺める時間がもっとふんだんにあるといいということだろうか。1974年版も2時間を少し超えるくらいなのだが。
鉄道ファンは必見。ミステリーファンも必見(この独参湯的作品の優れた「独創的解釈の映画=劇=上演」を見ておかねば)。1930年代の西洋社会に興味ある人も、ケネス・ブラナーのファンも。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 12:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: