2017年12月29日

音楽の演算ポップス編

前項で篠田昌伸作曲「この世の果ての代数学」(詩・野村喜和夫)のことを書いたが、音楽と算術といえば、イギリスの若手の大人気ポップスター、エド・シーラン(Ed Sheeran)だ。これまで3枚出しているアルバムのタイトルがそれぞれ『+(プラス)』、『×(マルティプライ)』、『÷(ディバイド)』となっている。どういう意図でこう命名したのかよくわからないが(タイトル曲があってその歌詞が種明かしになっているわけではない)、おそらく音楽家として一段階ずつステップアップし新たな世界を拓いていきたいという願いが込められているのだろう。このシンガーを聴いた第一印象としては、親しい友人がプライベートな空間でうたって聴かせてくれているような親近感、ソフトな軽やかさ、陽気と淋しさの混在、言葉を操るときの才気あふれる歯切れよさ、といったことが言えそうだ。
第一アルバム『+』冒頭の「The A Team」は出世作ということだが、ヘロイン中毒の娼婦を歌ったという歌詞にどれだけ共感を覚えられるかおぼつかないけれど、最後の「It's too cold outside for angels to fly」というフレーズは、たしかに人間の社会は天使も凍えてしまうほどの寒冷な面があるかもしれないと考えさせられ、心に刻まれる。
ノーマルな歌い方で恋愛の甘さ苦さをうたった曲も多いが、ラップも多用しており、その場合はやけに細かい局面を語る言葉の厖大さが押し寄せてくる。ラップというとラッパーなる変わった種族のミュージシャンが演ずる奇態な音楽スタイルという受け取り方をしていたが、それを常に身の回りにあるものとして自然に聴いて育ってきた世代にとってはなんの抵抗もなく受容獲得できる技なのだろう、エド・シーランが操るラップは水のように自然で疾走感がある。かつて異端と見られたロック音楽がだんだん浸透し、たとえば歌謡界の真中にいるはずの山口百恵でさえロックチューンをうたったように、ラップもいつの間にか自然に大衆音楽のメインストリームに入ってきたのだろうか。
3枚のアルバムの中でもっとも手応えを感じるのはやはり最新の『÷』で、力強さが増しているように思われる。ヒットしたという「Shape of You」はこの歌詞が英米人にどう受け取られるのか今ひとつわからない点もあるがたしかに音楽は個性的なチャームがある。わが愚耳の快感ポイントをもっとも刺戟するのは「Barcelona」で、英国人がよくこのような南国的情熱を帯びた音楽を作れるものよと驚く。この曲に続く「Bibia Be Ye Ye」、「Nancy Mulligan」も、world musicにあるようなアフリカ風味、あるいはアイリッシュ音楽やロマ音楽の香りも感じられ、楽しく聴ける。この3曲の並びはうれしい。『×』では「Sing」の曲調の面白さ、そして「I See Fire」の黙示録的詞世界が注目される。
4枚目以降のアルバムはどんなタイトルになるのだろうか。電卓のキーで考えるなら「−」や「=」が残っているが、ルート計算も音楽のルーツを辿る試みにふさわしいかもしれない。「M」のキーは使ったことがなくて、どうやって使うのかわかならいのだが、「メモリーキー」はどうしても思い出せないことを呼び出すには格好かもしれない。日本語では「鼠算」とか「鶴亀算」とかもあるよと教えてあげてほしく、いつか彼のアルバムのタイトルが「Tsuru-Kame」になる日を楽しみにしたい。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 13:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: