2018年03月27日

命に別状は……

最近は訃報がよく届くような気がするのだが……詩人の柏木義雄さん、石原武さんの逝去が伝えられた。両先生にはちょっとしたことだがお世話になった。人づき合いの器用さが私の方に乏しく、それほど実のある交わりをすることができないままに終わり、申し訳ない思いだ。
そして、川端進さんが亡くなったと、ご家族からはがきをいただいた。これには驚いた。昨秋、白石かずこさんの本の祝賀会でお元気な姿を見ていたので。川端さんとは酒席でほんの少し言葉を交わしたくらいだが、いたって飾らない方だった。「釣狂病」という詩を引用紹介して弔意の徴としたい。

 週末になると
 ぶつぶつつぶやき
 仕事が手につかなくなる
 釣新聞をひろげてみたりする
 釣道具のカタログをみたりする
 ひとの言葉が耳にはいらなくなる
 釣仲間にひそひそ電話をかけたりする
 仕事仲間に嘘をついたりする
 親兄弟を危篤にしたりする
 あるいは殺したりもする
 治療法はないけれど
 命に別状はなく
 処置はある

 こころよく
 釣に行かせてやる
 ことだね

(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: