2018年05月13日

ペンの効用

図書館で片岡義男著『万年筆インク紙』(晶文社)という本を見つけ、私も万年筆党なので手に取って漫然と読んだ(もっと読むべき重要な本があるだろうにというお叱りの声が聞こえてきそうで恐縮だが)。様々なメーカーの様々なタイプの万年筆にこれまたいろいろなメーカーの文字通り色々な色のインクを入れて試し書きする実験が楽しそうで思わず観客になってしまう。製造中止になったパーカーのウォッシャブル・ブルーのインクをさして重要な理由があるわけでもなく探す話、万年筆による筆記に合ったノートを見つけるべくテストを重ねる話も楽しい(この部分を読んでいて疑問に思ったがなぜ世の中のノートは罫線の幅が7ミリとか8ミリとかえらく狭いのだろう。そんなに小さな文字を書く人が過半数に届くほどたくさんいるのだろうか。10ミリとか12ミリを標準とすればもっと世の中が呼吸容易に暮らしやすくなるような気がするのだが)。黒インクは公用の書類を書くための色であり、個人的使用にはブルーかブルーブラックが望ましいという意見も、そうだろう、そうなるよなとうなずいてしまう。
私も安物ばかりだが数本の万年筆と数種類のインクを使って書きものをする。インクで言えば、ブルーはパイロット、ブルーブラックはパーカー、黒はプラチナを使うという節操のなさ(セーラーの「青墨」というすぐれもののインクも所持しています)。ほかに推敲をするときの赤は冬柿という名のパイロットのインク。たまに気分によってはエルバンの紫(ヴィオレット・パンセ)やペリカンのターコイズ(水色ぽく明るい青)で遊んだりする。
なにを書くかというと、手紙や葉書ももちろん書くが、最近はメールが多用されるから郵便で出す必要や機会は少なくなっている。だから主には詩や散文作品の下書きのためだ。紙とペンを使っての下書きをせずに直接パソコンに向かう方も多いだろうが、私はペンによる下書きの作業が好きだし、この作業があった方がよいという意見だ。頭の中→紙の上→パソコンのモニター→プリントアウト、というふうに制作の段階が多くなるほど、一つの段階からもう一つの段階へと移行するタイミングで考える機会が多くなり、ちがった視点が得られ、いい方向や面白い形に変化する可能性が増えると思うわけだ。それで紙切れやノートに下書きをするのだが、下書きと言ってもできるだけ本気で書きたいから、万年筆を使う。万年筆常用者にとって鉛筆やボールペンは本気度が下がるのだ。というわけで、ちょっと万年筆の宣伝ぽくなるが、たくさん下書きがなされより多くペンが使われることを願ってやまない。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 14:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: