2018年06月11日

うつつの冥府 その1

山下敦弘監督小研究の一環で「オーバー・フェンス」(2016)を観たのだが(主人公たちの年齢がそれまでの作品より上がっていた)、これは佐藤泰志の小説をもとにした“函館三部作”のうちの一つだということだったので、舞台として映される函館の街が魅力的なこともあり、もう少し味わってみたくて残りの二本を観た。「海炭市叙景」(熊切和嘉監督、2010年)と「そこのみにて光輝く」(呉美保監督、2014年)。三人の監督は同級生的な間柄らしいのだが、この三本、どれも明るい映画ではなく、物語の色調は(控えめな言い方をしても)くすんでいる。とくに「海炭市叙景」は暗澹としており、いくつかの短編のオムニバスの形をとっているのだが、そのどれをとっても救われるような気持ちになる瞬間に乏しい、閉塞感に満ちた世界だ(エンタテインメントであるより先に真実の表現でありたいという願いがあるのか)。これがこの一連の函館物語の基調になっているのだろうし、われわれが暮らすこの現実世界の空気に直結している感じもある。転げ落ちそうになっている人々。暗い穴にはまってしまった人々。東京のようなにぎやかな場所だったらそれでもいろいろ誤魔化しようがあるのかもしれないが、函館という土地は窮状をむき出しにする趣きがある。「そこのみにて光輝く」の主人公と彼がつきあう姉弟も虚ろ、悲惨の度合いが相当に深い。「オーバー・フェンス」の所在なげな感じ(離婚して失意とともに故郷函館に戻ってきた)の主人公は他の二作に出てくる男女と比べて軽症なのかもしれないが、それでも人並みの生活に失敗した、大袈裟に言えば“人間失格”の感覚に苦しんでいるかのようだ。
肉体的には死なないにしても、自分の大事な部分が破壊されて、精神的に死の状態に入るときがある。野球選手が大きな怪我をして野球生活を断念しなければならなくなったら、本当の死ではなくても、生きる意味があるのかというところで死に近い絶望を味わうだろう。シューマンのように手が動かなくなったピアニストもしかり。これが俺だと自認する役割を喪失したとき、ある種の死が訪れ、身はうつつに留まりながらも絶望の冥府に入ることになる。
これら函館三部作は、鬱屈した気分が赴く先の、そうした冥府の色が相当に濃い。そんな中で、「そこのみにて光輝く」の菅田将暉のいつも陽気にはしゃいでいるちんぴら振り、「オーバー・フェンス」の蒼井優の生気あふれる奇抜な鳥踊りはポジティブな生の輝きを発していた。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 20:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: