2018年06月20日

なぜそれができないのか

大阪方面でかなり大きい地震があり、被害も相当な規模だったとのことで、近畿は友人・知人も少なからずいる地域だから気にかかる。皆さん無事でいることを祈りたい。
こういう災害のときによくあることだが、電車やエレベーターに閉じ込められて数時間を過ごした人がたくさんいたらしい。15分でも耐え難いのに、4時間も5時間も出られないのは地獄だ。なぜすぐに出られるようにしないのだろうという素朴な疑問が浮かぶ。なにも地球を貫通して裏側へ避難しようという話ではない。空を飛んでいるわけでも海を航行しているわけでもないのだ。「なぜそれができないのか?」…なぜエンジニアやシステム設計者や運営責任者はそれができるようになんらかの工夫をしないのか。ドアが開けられる場所や状況まで慎重にもっていき、ドアを開ければいいだけだ。私は4時間級の閉じ込めの憂き目に遭ったことはないので実際それがどういう恨み言の感想になるのかわからないが、悪気の有無にかかわらず“監禁”されることは苦痛であり不都合でもあり健康面のマイナスもあり、つまり良くないことであり、地震のたびに無策のままの繰り返しで無数の不運で不憫な閉じ込めが発生することをいつまでも看過していいとは思えない。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: