2018年07月25日

キューバ音楽の秘法

buenavistasocialclubadios.jpg映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」(ルーシー・ウォーカー監督)を観た。彼らキューバの老楽士たちの生々しい名演に再び接することができて幸せだった。キューバという国の歴史も政治と社会風俗の両面から見えてくる。キューバの伝統音楽「ソン」の魅力はなんなのだろうかと改めて考えてみるのだが、なかなかうまく言い当てられない気がする。独特にhighな感じ、強烈な音楽の常夏。どうやったらこうなるのか、圧倒的な「歌の波」が生まれ、襲いかかってきて流されるのを感じる。代表曲「カンデラ」は「火」という意味だそうだ。音楽的興趣の作り方に秘法があるのだろう、模倣を試み成功するミュージシャンが出てこない点からも、接近困難な高度さがうかがわれる(まだ秘法は解かれていない!)。「アディオス」というのはサヨナラの意味らしい。時とともにオリジナルメンバーが亡くなったり演奏できなくなったりして、グループとして終焉が見えてきているのだろうか。映画の最後の方は感慨でいっぱいになりながら聴いているだけだ。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 16:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: