2018年10月28日

宝石はどう生まれるか

19世紀には女性の作曲家で著名な人はいないが、20世紀以降は事情が変わってきており、誰でも知っているというわけではないけれど戦後はソフィア・グバイドゥーリナのような実力者が数人はいるようだし、ポピュラー音楽の分野なら幾人も名前を思い浮かべられそうだ。今のNHKの大河ドラマでも原作・脚本とともに音楽も女性の作曲家のようだし、最近見た映画『日日是好日』(大森立嗣監督)も世武裕子という初めて名前を聞く女性作曲家が音楽を担当していた。その音楽、乱暴に大雑把に言えば、特別にすごく感動的というほどではなく普通に映画音楽として感じ良いもの、といった印象だったが、終盤、主人公の典子(黒木華)が、そうか、日日是好日(にちにちこれこうじつ)ってそういうことなのかと感嘆とともに独白する、そのあとのピアノは今まで聴いたこともないような響きがあってとてもよかった。指輪に例えればここが宝石の部分に当たるのだろうか。
物語の中のシーンとしては、喪服の典子が武田先生(樹木希林)を訪れ二人で縁側に座って話をする場面がもっとも心情の凝集度が高いように思われた。茶道の作法の細部を見ることができるのも興味深く、十二年に一度しか使わない茶碗があるというのも茶道の時間感覚の息の長さを感じさせる(この映画も戌年にしか見られないということになる?)。
茶道といえば千利休だが、これも最近東京国立博物館に見に行った「マルセル・デュシャンと日本美術」展(京都のIさんにチケットをもらった)に千利休にまつわる展示があり、利休は当時人気があった派手な茶碗ではなく黒っぽい地味な茶碗を用い、花瓶もそこらに生えている竹を切って即席に作った、その革新性がデュシャンに通じると説明されていた。なんでもないものをも宝石にする、天才的閃きがもたらす価値観や美学の転換が「ナントカ道」の発端にはあるということだろうか。
(池田康)

追記
同じく音楽=世武裕子ということで映画「リバーズ・エッジ」(行定勲監督、2018)もDVDで見る。岡崎京子のマンガをもとにしているとのことで、映画も音楽も牙むいている。この人は歌もうたうようで、ラジオで紹介されていた、最近のCD『RAW Scaramanga』も聴く。ヨーロッパの先鋭的な音楽家が作ったポップ音楽、というかんじのものか。いくつかの曲で彼女のすこしハスキーでスモーキーなピアノが聞ける。腹にひびく声を持っているような、そんな気骨のピアノ。
posted by 洪水HQ at 16:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: