2019年03月19日

平野晴子詩集『花の散る里』

hirano-hananochirusato.jpg平野晴子さんの第五詩集『花の散る里』が完成した。洪水企画刊、A5判並製カバー84頁。本体1800円+税。前作『黎明のバケツ』の続きの形で、認知症の夫との晩年の生活のあれこれを材料にして書かれた詩を収めるが、夫との死別と平野さんの詩人としての再出発がこの集での到達点となる。帯には「認知症の夫との最後の数年の生活は、おどろの闇を歩く、どこにゆきつくとも知れぬ妖夢の道行であった……」という紹介文を載せているが、まさに見通しのきかない暗闇の道行と言うべきで、どの詩篇にも硬質のレトリックを介してその悲嘆と苦悩が刻みつけられている。伴侶との死別の悲しみをもっともわかりやすくかつ透明感をもってうたっているのは詩集の最後から二番目の「黒い鳥が実を食べに来て」の後半だと思うのでそこを引用する。

 窓を塞ぐように
 黒い鳥が降りてきて
 隠れ蓑の実を啄ばむ
 大揺れの枝
 葉が擦れあう
 木の根もとで頓挫した光

 青黒い翌檜のてっぺんで
 鳥は翼をたたみ硬直している

 葉群れは鎮まり
 無音を奏でる初冬の午前
 玲瓏の空に鳥が発つ

 時が刻を思いだし
 鳩時計がさえずる
 光が色を思いだし
 風景を染めはじめる

 祝福から解かれたわたし

 抱きしめていたはずのあなたは
 光に囲まれ
 まぶしすぎてわたしに見えない

そして最後に置かれた「桃の核」は詩人の再生を予言して力強い。是非お読みいただきたい。

(池田康)

追記
中日新聞4月20日の「中部の文芸」欄で北川透氏による批評文が載りました。ぜひご覧下さい。

posted by 洪水HQ at 14:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: