2019年03月24日

音楽はいかにして音楽となるか

作曲家の池辺晋一郎さんの対談集『音のウチ・ソト 作曲家のおしゃべり』(新日本出版社)が出た。女優・若村麻由美、詩人・小池昌代、小説家・池澤夏樹といった方々との対話が収録されている。小池さんとの対話は「洪水」16号の池辺晋一郎特集の記事の再録。どの対話も洒落や冗談を交えながら自由闊達に展開されていて、ときには尖鋭な政治的主張なんかも入る刺激もあり、読むのが楽しい。これら三編の対話の間に「第三章 音符と作曲家の間柄の話」という章が挟み込まれていて、作曲の楽屋裏を少しだけ打ち明けてくれている。音には意志があるとか、音を下げていくのは自然で楽だが上げるのは大変で力と工夫がいるといった話は興味深い。合唱組曲「飯豊山」(詩=村田さち子)を例にとって、詩に音楽をつけていく作業の実際を詳らかにしている箇所も、作曲家の感覚の繊細な有機的合理性を目の当たりにでき、歌というものについていろいろ教えられる。
「音というのは、物理的にいえば、何かが振動して、それが空気の振動となって伝わってくるものです。(中略)しかし、ぼくは、音楽で使う音をそういうものとはどうしても思えないんです。意志を持っているように感じる。意志というのは、あそこへ行きたい、何をしたいというような欲望といってもいい」
音を扱う創作者としての個性を刻印するタッチ、音を考える長い歴史に裏打ちされた思想が、音に意志を発見し、音の集まりを音楽にする。
(池田康)
posted by 洪水HQ at 18:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: