2020年08月21日

南原充士さんの小説

猛暑の山脈はそろそろ高度を低くしていくのだろうか。しかし今日も並大抵でなく暑かった。汗をバケツ一杯くらい出したような気がする。
さて、南原充士さんが小説「喜望峰」をAmazonでデジタル刊行した。下記のURLよりご覧下さい。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08G4PM9W1/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i1
紹介文によると、大手商社勤務の主人公がある資源開発プロジェクトにかかわり苦労するという話のようだ。394ページとあるから相当な長編だろうか。

(池田)
posted by 洪水HQ at 16:30| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
池田さん、早速のご紹介ありがとうございます!
コロナの時代にも希望をもって生きていきたいものですよね!小説『喜望峰』がそういうことへのヒントになればと願います。ひとりでも多くの方にお読みいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
Posted by 南原充士 at 2020年08月21日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: