2021年05月09日

フランスの文芸誌「A」

literatureAction.jpg「洪水」6号(2010年)に掲載された、岡崎和郎・空閑俊憲両氏が語り手、土渕信彦氏が聞き手となった座談会記事「瀧口修造を語る 〜人差し指の方角〜」が、このたびフランスの文芸誌「A」に翻訳転載された。「ECHANGES AVEC JAPON(日本との交易)」という特集の「日本のシュルレアリスム」を扱う章の一項目として。これは土渕氏のお仕事で小生は実務的にはなにもしていない。
「A」とは、表紙に「LITERATURE-ACTION」とあるから、「ACTION」のAのことのようだ。205×208ミリ、212ページ。価格は20ユーロ(けっこう高価?)。私はフランス語がだめなので残念だが、手に取って漫然とページを繰っていると、ところどころにカラー写真が載っている。まとまった数ページがカラーになっていることはよくあるが、この雑誌は規則性のない任意のページをカラーにしているように見え、印刷の基本からいうとこれは不思議なことで、どういう仕組みになっているのだろうと泰西の高等技術?に首をひねった。
(池田康)

追記
67ページからのロラン・ドゥーゼ氏の詩が面白い。フランス語と対訳で日本語訳も並んでいて、その日本語の組み方のギクシャクしたぎこちなさも微笑ましいのだが、日本を旅行しながら綴ったと思われる詩行の率直なかんじがこころよい。
posted by 洪水HQ at 08:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: