2008年11月11日

動物と、楽器と、料理の絵

ムクドリがコンクリートの上の木にいるのをコンクリートの上でピアノが見ていましたピアノには光る点(ヒトデの目)があって、シャルダンは透明な水を描いていた。シャルダンの、丸い絵があったので、ロココの時期、チョコレートを食べているようなムクドリが木の柿を食べて、メロンを食べている人はメロンを描いてピアノを見ていた、この楽器を、演奏しないので、絵に描かれている、見ている、絵を、見ていました美術館で映画を見ていた、美術館にはテレビのような機械も並んでいて、これを見ると、「世界の美術館ですよ」他の国の、遠い美術館、遠い鳥であっても、ロココの鳥の絵を見るようなウサギの絵を見るような、鴨を見ているような、壁を描いていた。そのようでありました、シャルダン(1699〜1779)、ロココ、ヴァトーもいた。壁があってテーブルがあって、このテーブルはピアノでもあるのだな、この時期、ピアノではない楽器だったかもしれないので、写真を見ると、画集を、見ていたヒヨドリ(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22714973

この記事へのトラックバック