2009年02月15日

CD『シャイン・ア・ライト』の思い出

フナがいる緑色の湖を見ていると、大昔の爬虫類がいました
と思っている映画なので花を見て、それからローリング・ストーンズのライヴの記録の映画のサウンドトラックのCD『シャイン・ア・ライト』について、魚の銀色を見ながら(緑色)思い出す思い出す、キースが歌う「コネクション」が、とても斜めの曲であったと思うので、映像を見ていないですが、水に斜めに入っていくのだろうなあ涼しい流れであったよ大きな、サメも泳ぐ泳ぐ水槽なのだろうなあ、私は涼しいと思った。涼しい流れの小さな可愛い花のような曲を、あの人が歌うので、怪獣映画も花のある小さな小さな映画になるのだろう、とても大きいよ喜び(吉増剛造さんを思い出したの?)。クリスティーナ・アギレラがゲストで参加してミックと歌う「リヴ・ウィズ・ミー」が、とても強い金属のゴムの線の者達が泳いで踊って歌っていたと思うんだ。湖でもタオルのように強い動物が生きて泳いでいる、脊椎のある、ない、ある。CDの最後の「ライトを照らせ」が、古典、合唱(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 02:27| Comment(1) | TrackBack(1) | 来信
この記事へのコメント
最後は「シャイン・ア・ライト」でしたか。そうだったかもしれない。記憶なんて都合よく曲がってしまうものですね。女性歌手とのデュエットは、秘密のバラの花園に入ったような感じで印象強烈でした。(IKEDA)
Posted by 池田康 at 2009年02月15日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26743650

この記事へのトラックバック

アルバイト 高収入アルバイト パート 高収入バイト 女性 高額バイト
Excerpt: アルバイト 高収入アルバイト パート 高収入バイト 女性 高額バイト
Weblog: アルバイト 高収入アルバイト パート 高収入バイト 女性 高額バイト
Tracked: 2009-02-18 02:09