2009年04月03日

フジツボ

この本は窓なので四角い水である青い白いであるな、と思ってテレビを見ているとテレビが石である絵だったので、絵、エルンスト、ということを言ってボードレール言っていると、水槽の中の口がある生きものが口を開いて開いて閉じて体操するラジオが言っています。ラジオには多くのイソギンチャクがあって、このイソギンチャクがカイメンが喋っているのだな、目もあって、この青い生きものと緑色の生きものをルネサンスで描いたんだ四角い壁のようである絵でしたよ、私は絵の本を見ていたのだし、絵の本のある白い壁のある部屋には象も並んでいたんだ、その人でした。その人が描いている本が棚に並んでいて(本棚)、象の図鑑、動物の図鑑、この――動物の――図鑑が――紙の――箱に――入って、いました。ラジオで喋っていたんです、この動物の鳴き声は……録音されて、放送されて、録音されて、いました。これは四角い機械から流れてきた音なので、この機械にはフジツボが多いんだな、馬が、多い(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 17:22| Comment(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: