2009年08月18日

古い、森の映画

窓から見る犬がいるのだろうと思われる森の童話を見ていると、あの文庫本でいくつか読んだ童話を思い出していると布を着ている人やいろいろな……種類の……熱帯魚の図鑑で、知らない種類の銀色の魚から出ている銀色の線(ひれ)の写真を見ると、この写真には水槽の中で浮かんでいる泳いでいる小さな点、点が多いのだなと探している。探して探して、水槽の中で歩いているとサメがいて、底には落下しているもののような底の生きものを食べるカニを食べる肉のサメがいる、エイがいる、軟骨の……動物が……ああ、軟骨はシーラカンスの化石だった緑色の石になって、いろいろな石の、名前を、思い出そうとするが、玄武岩は緑色だっただろうか、トカゲは水槽の中で(飼育されている犬)楽器は緑色だろうかギラギラ光っている金属の色で、絵の具の色で、四角い石は透明で水槽の中まで見えるので魚を見るのです。あの、古い映画の、緑色の四角い水族館であった、四角い森でアニメのような食べる人たちが回って踊って(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 23:55| Comment(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: