2009年09月30日

動物を見ながら、くつろぐ

アルマジロが走っている写真を見た、写真を見る動物がダチョウであったのだし、動物が多い庭で写真には動物が撮影されていたが、それは犬の写真で、猫の写真で、魚の写真であると思うと、写真のようなテレビに似た(とてもとても、テレビに、似ている)青い水槽が図鑑であったので、紫色の図鑑が美術館の板であったのだな、透明な板で、私はコーヒーを飲みながら緑色の、クジラが描かれている透明な部分が多い(とても、とても、多い)丸い絵を、見ていました。あれは立体であったし、ここにはエビがイカが泳いでいる緑色の実は水槽なんだな海水が、新鮮に、流れているよ。エビを食べたんだ。この水には泳いでいるのだな。その絵の前に、写真を見ているような、アルマジロを撮影した写真を見ているアルマジロとダチョウと絵があって、絵には人が描かれて昆虫が描かれ、昆虫は海水の表面をトビウオのように銀色に泳いでいたのだし、私は水を見て、このコーヒーは丸いものの中に入っている塩味(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 21:14| Comment(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: