2009年10月25日

昨日、北村さん

ヒヨドリについては、口を開いている鳥である雨の日には、とてもバサバサであるように、見えました灰色の生きものなのです。灰色であり、昨日は海があるなあ、海なのだろうかと思って見ていた水であったが緑色で、石が多かったです。それから、小さい店を見つけて昼に、野菜を食べただろう、あの野菜はトマトの味であった複数の、種類の。ヒヨドリはハトのような灰色の鳥で、私はヒヨドリとハトについて話したのであったし、北村太郎さんの詩のヒヨドリとハトの謎について話していたが、犬について考えていることもあった犬は灰色の道路を歩いているし、空には雲が多い日であって、窓は灰色のテレビであるかもしれなかったが、海の水面は緑色のテレビであった映画である。北村さんは「ヨコハマ」の詩を書いていて「ミルクコーヒー色だ」海が。と、書いていた、「おお」と書いていた北村さんが、それからハトがコーヒーの色であることもあったし、動物園でいろいろな種類の、ハトを見た。ヒヨドリの別の種類(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 21:44| Comment(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: