2009年11月19日

熱帯で迷って歩く

これは古い夕方の動物園の動物の写真……を……集めた集めた……小さい、四角を、集めた。これは動物の図鑑なので、公園に動物がいて、動物の上に人間が歩く道路のようなコンクリートの部分が、あって、下では、テニスをしている人たちが、いました。歩いていると(迷って歩いていると。写真)テニスの人を見ることが多くて、ラーメンの店を、見ました。あのラーメンの建物がとても四角いので、道路を歩いている人たちがラーメンの店に入るのだろうカメラの、店だった。電気の動物の歩いている道路の下に人間が歩いて、おお、熱帯の木の部屋(大きい。透明だ。)であるなあ、と思って上を見ていると、熱帯魚の熱帯(熱帯に、熱帯魚の、川。カメラ)撮影する撮影する、撮影する撮影、明るい温かい色の、料理の色の動物が木の上にいて、歌の題名になることも、ありました。あの動物の名前を繰り返し繰り返して(楽譜に、そう書いてあったので)歌っていると、あの動物と、別の動物と、別の動物が、図鑑の同じページ(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 03:12| Comment(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: