2009年12月27日

アメーバの料理

昨日はドロドロの緑色の水……「このアメーバは何ですか」と言っている人がいたので、この水には多くの魚が泳いでいて、プールだったのだが、灰色に似ているのだと思いました。犬が暗いと思った。魚の絵を見て、驚いている人の絵を見ると、魚は喋っていて、「大きな魚もいますよ」水は緑色で広がるのでアメーバなんだな、私は海がドロドロであるキクラゲであるのを見た、湖だった、クラゲでありウミウシで、あった。透明であるような種類の、一つの、種類の、キクラゲの、図鑑を、見ました。緑色の点。水の底に沈んでいる広告を見ているようだった、魚を見て「とても大きな魚だ目が丸い」と言っている、イラストであるから形が丸い人たちはピアノのように並んで、緑色の、灰色の、青い黒い水(夜の窓を見ていました)から、キノコは現れる、魚は現れる、ミミズクはキクラゲを見ていたのです。魚の模様を描いていた。魚には模様が多いので熱帯魚を料理して、フライにして軽く食べていた。肉の色(小笠原鳥類)
posted by 洪水HQ at 13:35| Comment(0) | 来信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: